SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Bamako / 日本未公開 (2006) 1326本目

今年のオスカーの外国語部門にノミネートされた『Timbuktu / 禁じられた歌声 (2014)』のアブデラマン・シサコ監督の作品。『Timbuktu』が色々と話題になっておりますね。その前に丁度手に入れたので、観ておこうかと!ところがとてーーーも取っ付きにくい作品でしたよ!でも取っ付いてみると、面白い作品でしたよ!!ってか、ダニー・グローバー出ちゃってる!なんでだ!まあ後で謎解きを。

マリ共和国の首都バマコ(タイトル)。その一角にある共同住居の野外広場では、国の大事な事を決める裁判が行われていた。どのように国債を払っていくのか?その前に市民への社会的な保障や医療費などはどうしていくのか?アメリカのように個人が医療費を負担して、払うか死ぬかを決めていいのか?アフリカはそんな国じゃない筈だ!と、人々は熱く議論していた。その裁判が行われている住居に住んでいるのが、メレ(アイッサ・マイガ)とシャカ(ティコウラ・トラオレ)夫婦だった。彼等には1人の娘が居たが、夫婦間は亀裂が生じていた。メレはクラブシンガーとして働いていたが、シャカは長いこと無職であった。そして次の日も裁判は続く。マリを出て職を求めて様々な国へ渡った若い男は、最終的には追い出されて、他の違法移民者と共に何週間も掛けてサハラ砂漠を歩いてマリまで帰され、30人居た仲間が最終的には10人弱となっていた話などをしていた。そんな話を聞いた一般人のおばさんが、突然裁判官たちに向かって怒りだす。「お前達は恵まれているんだから、私たちの事なんて絶対に理解出来ないんだよ!もう苦痛はごめんだよ!!」と。シャカは警察官を目指してフランス語を勉強していた。裁判の議論は続けられ、そしてメレとシャカの仲も局面を迎えていたが...

もうね、なんで野外の共同住居の狭い所で大事な裁判やっているのか、そこから理解不能なの!しかも住んでいる人たちはその周りで普通に生活しているのよ。女たちは野菜を切ったりと料理していたり、子供達も泣き叫んでいる。よちよち歩きの赤ちゃんが大事な書類を持っていっちゃう。そして、この映画の主役の1人、奥様のメレはドレスを着るのに、夫のシャカじゃなくて、裁判に来ている人?アシスタント?みたいな男が、毎朝ドレスの後ろ紐を結んであげている。まあそこは夫婦の不仲を描写している訳なのですが、本当にあそこで裁判やっている意味が分からない!幾らなんでも別の場所がある筈。でもね、それが面白いんだよねー。何事にもキッチリ計画性のある我々日本人には、なんで?って事ばかり。裁判のシーンも長い。でも人々が熱くて面白い。白熱するオバサンとか、いきなりやってきて歌だけ歌って帰っていく男とか、後は名前だけ言って帰っていく男も居た!結婚式は始まるし、カオスよ。

そしてね、いきなりその共同住居でTVが運ばれて、夜にみんなでTV見るの。『Death in Timbuktu(トンブクトゥでの死)』という西部劇。その主役がダニー・グローバー!!カウボーイ役。笑った。監督もカウボーイ役でこの劇に出てるよ。ダニー・グローバーはこの映画の制作総指揮。だからゲスト出演。エリア・スレイマンも同じ西部劇でゲスト出演。しかもこの西部劇、本当にこの映画になんの関係もないの!ただ子供達が見ているってだけなのよ。凄い豪華な無駄よね。

と、本当に変な癖しかないような映画なんだけど、最後がグっときますね。シャカはフランス語頑張っていたし、娘に扇風機を持ってくる優しさもある男だったし...切ないっす。あの最後でガツン!と、それまで長く裁判で議論されていた事が一気に現実として突きつけられるんですよね。嗚呼、切ない。不思議なパワーを突きつけられる映画です!

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点中:1/23/15:DVDにて鑑賞)