SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Boesman and Lena / 日本未公開 (2000) 93本目

アンジェラ・バセットダニー・グローバーが主演の南アフリカの戯曲が原作のドラマ作品です。重たいです。物凄く重たいです。戯曲を書いたアソル・フガードは後に私も好きな「Tsotsi / ツォツィ (2005)」の原作を書いています。1974年に同じ作品が作られていますが、そちらのオリジナルではフガートが主役のボズマンを演じていたようです。ちなみにフガートは南アフリカ出身の白人です。ガンジーやキリング・フィールド等の名作に俳優として出演してます(あ、久々にキリング・フィールド見たくなってきたわ)。

社会に蝕まれた男が女を暴力によって蝕んでいく。2人は全てを失ってお互いを憎む事しか出来なくなる。人間以下にまで落ち込んだ2人が最後に辿りつく所...。やっぱり人間なんですよね。こんな重たいテーマを演じたのがアンジェラ・バセットダニー・グローバー。こんなアンジェラ・バセット見た事ない!という熱演ぶりでした。今まで彼女が演じてきた役とは全く違います。ダニー・グローバーは「The Color Purple / カラーパープル (1985)」でも同じように社会に蝕まれて暴力を振るう男を演じてましたよね。やっぱり上手い。殆どが2人舞台という感じ。舞台が原作なので台詞が多いです。カット数も少ない気がしました。でも2人の距離感を感じるカットが上手かった。そして2人は終始アフリカ訛の英語で頑張ってます。途中、何箇所かアメリカ英語になってましたが、このドラマではやっぱりアフリカを思わせるアフリカ訛が必要だったと思います。でも、アフリカ女優が演じるアフリカ女性とアメリカ女優が演じるアフリカ女性はやっぱり違うかな?とも感じました。アンジェラ・バセットは凄い熱量で演じていて迫力とかもあったし説得力もあってさすがだなーと思わせてくれたのですが、やっぱり彼女が演じたアフリカ女性はアメリカの女性のような自立した女性を感じたのです。アフリカの女性ももちろん自立しているのですが、それともまた違う器の大きなママアフリカを感じるのです。「Yesterday / 日本未公開 (2004)」のレレティ・クマロとか「Sarafina! / サラフィナ! (1992)」のミリアム・マケバとかそういう感じでしたよね。でもアメリカの女優であそこまで演じられるのはアンジェラ・バセットだけだと思います。

この作品は監督ジョン・ベリーの遺作。ジョン・ベリーは赤狩り時代には干された人物。70年代に入って「Claudine / 愛しのクローディン (1974)」とか撮ってます。50年代にはドロシー・ダンドリッジが主演の「Tamango」も撮ってます。ベリー自身がアソル・フガードと飲みながら語っているボーナス映像を見ていたんですが、この映画に非常に満足だそうで久々に手ごたえを感じたとか。彼らしい遺作となりましたね。

かなりとっつき難い映画かもしれません。内容が掴めない人にはかなり辛い映画になるかもしれないとも思う映画でした。その位ずっしりと重いテーマの映画です。

感想はこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)