SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Master Harold... and the Boys / 日本未公開 (2010)

Cast >> Freddie Highmore (Hally), Ving Rhames (Sam), Patrick Mofokeng (Willie) ...
Director >> Lonny Price
Writer >> Athol Fugard (play), Nicky Rebello (adapted for the screen by)
Producer >> Michael Auret, Zaheer Goodman-Bhyat, David Pupkewitz, Morris Ruskin
Genre >> Drama
Country >> South Africa

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 4

Boy Harold and the gentlemen
サム(ヴィング・レイムス)とウィリー(パトリック・モフォケン)は、カフェでの仕事に向かっていた。ウィリーは近々あるダンス大会の事で頭が一杯になっていた。カフェでは、オーナーの女性の夫が病院に居て、慌しく出掛けてしまった。そして雨が降り始め、オーナーの息子ハリー(フレディ・ハイモア)が学校から戻り、カフェに寄った。ハリーは父が学校で失態した為、学校で虐められる事もあったのだった。サムとウィリーはハリーにダンス大会の事を話し始めるのだった...

ツォツィ」等もヒットさせた南アフリカを代表する劇作家アソル・フガードの劇作を映画化。アソル・フガードはアフリカーナとアイリッシュの間に生まれたが、南アフリカアパルトヘイトや差別問題を鋭く描くのが上手い。今回はハリー(タイトルの主人ハロルドの愛称)という少年を通じて差別問題を描いている。今回もサムとウィリーが中々バスに乗れなかったり、手帳を携帯する煩わしさをサラリと描いている。そして学校では虐められているハリーが、自分が差別する側にいつの間に居た。幼い時にサムに遊んで貰った時に、凄く楽しかったのに、いつの間にかサムの姿が無かった。それをサムはずっと理解出来ずに居た。ハリーがサムに座っておくように言ったベンチは、「白人専用」だった事を幼いハリーは知る由もなかった。そして、その事実を知った時にハリーは少し大人に近づいていたのである。そして嫌いだった父の事を少し理解するようになった。

夢無くしては、我々の進むべき道が分からない。ハリーを大人にさせていくサムの台詞が詩的で美しい。

(12/25/11;DVDにて鑑賞)