SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

No Way Out / 復讐鬼 (1950)

Cast >> Richard Widmark (Ray Biddle), Linda Darnell (Edie Johnson), Stephen McNally (Dr. Dan Wharton), Sidney Poitier (Dr. Luther Brooks), Dots Johnson (Lefty Jones), Ossie Davis (John Brooks), Ruby Dee (Connie Brooks) ...
Director >> Joseph L. Mankiewicz
Writer >> Joseph L. Mankiewicz, Lesser Samuels
Producer >> Darryl F. Zanuck

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Brooks' Revenge
ルーサー・ブルックスシドニー・ポワチエ)は黒人として初めて郡病院で医者として働いていた。理解のあるウォートン先生の下で、刑務所病棟を担当していた。強盗犯のビドル兄弟が警官に銃で足を撃たれて運ばれてきた。兄のレイ(リチャード・ウィドマーク)はブルックスに対して最初から憎悪を露にした。弟のジョニーの具合が著しく悪かったので、ブルックスは検査をするが死んでしまう。レイはブルックスが故意に殺したと主張する...

シドニー・ポワチエとオシー・デイビスのデビュー作として歴史に名を刻んでいる作品。ポワチエはデビュー作にして主役級の役どころ。このデビュー作にして、それ以降の彼のキャリアが見え形成されているように思える。
この映画が公開された1950年と言えば、まだまだ公民権運動の夜明け前。1954年にブラウン対教育委員会裁判、1955年にモントゴメリーバスボイコットだった事を頭に入れると、この映画が先に行っている事が十分に伺えると思う。中でも私をビックリさせたのが、ポワチエ演じるブルックスを面倒見ているウォートンと病院の幹部の会話である。病院の幹部は「私は黒人を支持している。来年になったら(黒人医師を)1人とは言わず2人雇っても構わない」という。1950年という事を考えると、それでも随分考えていると思われる。しかしそこで終わらない。ウォートンは「私は違う。私は良い医者を支持しているのだ。黒人だろうが白人だろうが水玉模様だろうが構わんよ」と言うのだ。キング牧師も登場していないのに「個々の性格にて判断」されているのだ。
更に続く。ブルックスとレイのラストシーンは、壮絶だ。ブルックスは医師としての自分の面目を保ち、黒人としての自分の復讐を十分に果たしていると思う。あのレイにとっての屈辱は憎悪を抱いていた黒人の手により救われ生きていくという事なのだから...

この映画の意味に畏敬の念を抱く。そしてシドニー・ポワチエやオシー・デイビス、ルビー・ディの存在の偉大さに改めて気づく。そしてウォートンような人々の支えがあった事も忘れてはならない。

(12/01/08:DVDにて鑑賞)