SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Beyond the Lights / 日本未公開 (2014) 1300本目

おー、キリのいい1300本目がこの映画とは〜!ルンルン♪この前のアリーヤの自伝映画『Aaliyah: The Princess of R&B / 日本未公開 (2014)』が制作されると聞いてから嫌な予感しかしなかった作品なら、この映画は間逆!制作されると聞いてから良い予感しかしなかった作品!完成そして上映がこんなに待ち遠しい映画というのは、映画ファンなら年に2~3本はある筈だ!!何ていったってこの映画の監督ジーナ・プリンス=バイスウッドは、あの『Love & Basketball / ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム (2000)』を作った人なり!この『ワン・オン・ワン(邦題なんとかならぬかね?)』は、黒人が選ぶ(ここが重要!)好きな映画だと必ずベスト10に食い込んでくる作品。好きな人が本当に多い映画。まあ所謂カルト映画っていうやつです。黒人の間だけですけど。そんな彼女がまた恋愛モノを作ると聞いて、ひゃっほーーーい!となったのは私だけじゃない筈!しかも『Belle / ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜 (2014)』が滅茶苦茶可愛かったググ・ンバータ・ローと、デンゼル・ワシントンに認められたカッコ良い男ネイト・パーカーが主演。もう、ひゃほほーーい!ひゃほほーーーーーーーい!とテンションマックスですよ、こっちは。

10歳のノニは母親(ミニー・ドライバー)に連れられタレントショーでニーナ・シモンの「ブラックバード」を熱唱した。結果は2番目で、ノニはトロフィーも貰って満足だった。しかし母は1番目を取れなかったノニに激怒した。2番目なんてトロフィーは要らないと。それから時を経て、ノニ(ググ・ンバータ・ロー)はビルボード・アワードという大舞台に居た。キッド・カルプリット(マシンガン・ケリー)に客演した曲が賞に輝いたのだった。ノニはまだデビュー前であったが、キッド・カルプリットとのゴシップもあって人気絶大であった。しかしそんな中、ノニは滞在中のホテルのベランダの手すりに居た。落ちそうになったが、たまたまその日の警備を担当していたLA市警の警察官カズ(ネイト・パーカー)に助けられた。カズの父親(ダニー・グローバー)も警察署長で、カズは将来大物政治家を目指していたのだった。ノニを助けた事で、ヒーローとなったカズ。ノニはメディアに酔って誤って落ちそうになったと嘘をつく。助けた時に別の表情を見せたノニを気になるカズ。そんな姿を気づいてくれたカズを気になるノニ。2人はどんどんと深い関係になっていくが、2人共今後のキャリアの為に周りから反対される、そして...

うひょー!でしょ?ヤバイ、いやヤヴァイですよ、この物語。何ていうか、ググ・ンバータ・ローが演じたノニちゃんは、絶対にリアーナでしょ?っていう感じ。イケイケで派手派手。ほぼ裸やん!っていうね。でもどことなく危うくて脆い感じもリアーナなんだよねー。ならば、ネイト・パーカー演じたカズはクリス・ブラウン...な訳なーいしー!間逆だよ。滅茶苦茶優しい強い男。根っからのヒーロータイプ。人を助けたい男。だから脆いノニちゃんにハマってしまう。あー、リアーナにもこんなカズみたいな男が現れますように!と思わず願ってしまいますね。そしてノニのお母さんは、キム・カーダシアン他のママのクリスなんちゃらでしょ!って感じでした。娘達を平気で脱がせるし、一番の野心家。もう演じたミニー・ドライバーが怖い!あ、ダニー・グローバーの警察のユニフォーム姿をまた見れるのも嬉しかった!GJ、監督!!

と、今、現在をとても反映している恋愛ドラマ。リアーナが...いや違うノニちゃんが恋愛を通じて強くなって自分を見つめなおしてアリシア・キーズになる!って感じかな?という事で、音楽ゲストもいっーぱーーい!いきなり、チャカ・カーンカメオ出演していて、テンション上がるぅー!言われてみたいわ、チャカに「その髪型ステキね」って。チャカの方がステキですやん!それにしてもここ数年のニュー・エディションの恋愛映画アシスト率は凄すぎる!最近の恋愛映画はニュー・エディションの曲ありきかもね。今度まとめよっと!

あと、なぜかNBAのアマーレ・スタウダマイアーがプロデューサーの1人!多分奴も『ワン・オン・ワン』が好きでお金出したんやろ?ケビン・デュラントも『ワン・オン・ワン』の役名モニカ・ライトっていう同姓同名のWNBA選手と付き合って「俺のモニカ・ライト...」とか書いてたしねー。NBAにあの映画のファンが多いねー。多分NBA選手が憧れるシチュが『ワン・オン・ワン』だね。日本の野球が「タッチ」なら。

『ワン・オン・ワン』は初恋を紆余曲折あったけれど成就させた分だけ、ロマンチック&胸キュン度は非常に高い。ノスタルジックでもあった。でもこの映画もヤヴァイですよ!実写版ディズニー映画でしょ!って位ロマンチック。カズの手で恋が始まり、またカズの手で2人の関係が強くなる。ラストも決まってる!うっひょーー!久々のテンションマックス、ありがとうございました〜!そして、恋愛してーよ!ネイト・パーカーとメヒコに逃避行したーーーい!!ま、出来ないので、映画&妄想で我慢します。ぐふふ。ありがとうございやす!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:11/17/14:劇場にて鑑賞)