SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

From The Rough / 日本未公開 (2011)

Cast >> Taraji P. Henson (Catana Starks), Tom Felton (Edward), Michael Clarke Duncan (Roger), Justin Chon (Ji-Kyung), Henry Simmons (Kendrick Paulsen Jr.), Letoya Luckett (Stacey), Robert Bailey Jr. (Craig), Ben Youcef (Bassam), Paul Hodge (Cameron) ...
Director >> Pierre Bagley
Writer >> Mike Critelli (screenplay), Pierre Bagley
Producer >> Pierre Bagley, Joshua Throne
Genre >> Drama

総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 3

From the Rough to Fairways...
スタークス・コーチ(タラジ・P・ヘンソン)は、テネシー州立大の女子水泳部を率いて、数々の功績を残していた。大学には新しいアスリート監督となるケンドリック・ポールセン・ジュニア(ヘンリー・シモンズ)が就任し、新しく男子ゴルフチームを作る事にした。ある日、遅くまで残っていたスタークスに話しかけるポールセン。そのときにスタークスはゴルフのコーチがしたいと願い出る。資金も余り出ないので、新しいコーチを呼ぶことが出来なかったポールセンは仕方なくスタークスにやらせる事にする。しかし奨学金も出ないので、全然良い選手が集まらなかった。やってきたのは、キャディをしていたクレイグ(ロバート・ベイリー・ジュニア)のみ。スタークスはポールセンに掛け合い、なんとか奨学金を出して貰い、海外から選手をかき集めた。ロンドンからは手癖の悪いエドワード、オーストラリアからはお喋りのキャメロン、フランスからはアルジェリア移民のビサン、韓国移民のジ・キョンが集まったが...

実在する人物の成功物語。中々公開されずに制作から4年ほど待ってようやくお披露目。その間にマイケル・クラーク・ダンカンが他界してしまったので、彼の遺作の一つとなった作品。この映画の最後でも追悼されている。物語は黒人女性ながら、男子のゴルフチームを成功させたカンタナ・スタークスが中心。女性だからと信用も得られず、ゴルフの実績もないので信用されず、資金もない中でチームをイチから育てあげる。お洒落にも気を使わず、家の掃除もままならない状況を、主演のタラジ・P・ヘンソンは髪を振り乱して熱演している。こういうチャキチャキでハッキリ物を言う女性像は彼女の十八番。そんな主人公と対立するのが若いアスリート監督役のヘンリー・シモンズ。偉大な父の姿の影で七光りをぶっ壊そうともがく、元フットボール選手役というのは似合っている。というか彼がそこに居るだけで様になっている。そしてスタークスや若い学生のお父さん的な役がマイケル・クラーク・ダンカンだ。学校の掃除をしながらみんなに目を配っている。晩年の彼の十八番な役であった。やっぱりあの優しさが全身から滲み出ていて、彼の存在がもう居ない事を寂しく思った。

描写は割りと普通でオーソドックス。でもこういう頑張っている人たちは1人でも多く見たい。それは自分のパワーの源にもなるからだ、ありきたりであったとしても。

(9/19/14:DVDにて鑑賞)