SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black is... Black Ain't / 日本未公開 (1994)

Cast >> Angela Davis, bell hooks, Cornel West, Marlon Riggs ...
Director >> Marlon Riggs
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 4

"This is the place where I belong"
学者であり映画監督であり詩人でもありLGBT活動家でもあるマーロン・リッグスの遺作となるドキュメンタリー映画

詩人でもあるマーロン・リッグス独特なリズムで語られるドキュメンタリー。黒人であるという事、同性愛者であるという事、エイズ患者である事... 死を迎えた今だからこそリッグスはそれらを思慮していく。今は全く(特にエンタテイメントで)居なくなったように感じるのだが、スパイク・リーに触発された熟考した学のある若い黒人の存在。アート感覚に優れ、そしてナチュラル志向でもある人々。歴史を重んじ、そしてリベラル。そんな映画が90年代初頭には溢れていて、近寄り難い雰囲気である。そんな雰囲気と心意気が感じあれるドキュメンタリーである。しかし彼等は時に一辺倒でもあった。自分が信じるものしか認めないという雰囲気がある。ここに出てくるコーネル・ウエスト、そしてベル・フックス...は、その代表でもある。しかしアンジェラ・デイビスが子供の頃を懐かしく回想したりするシーンは珍しくて楽しい。そして黒人の歴史や文化をガンボ(ごった煮スープ)に例えているのも面白い。ビル・T・ジョーンズの振り付けが楽しめるのも見もの。

90年初頭の秀作ドキュメンタリー。エイズになった男の最後のソウルサーチング。その男は独特なリズムでその詩を詠むのだ。

(6/17/14:DVDにて鑑賞)