SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Why We Laugh: Black Comedians on Black Comedy / 日本未公開 (2009)

Cast >> Angela Bassett (Narrator), Chris Rock, Keenen Ivory Wayans, Shawn Wayans, Marlon Wayans, Bill Cosby, Katt Williams, Eddie Griffin, Paul Mooney, Robert Townsend, Franklyn Ajaye, Bill Bellamy, Dick Gregory, Stanley Crouch, Michael Eric Dyson, Steve Harvey, D.L. Hughley, Faizon Love, Kel Mitchell, Sherri Shepherd, Sommore, Cornel West...
Director >> Robert Townsend
Writer >> Darryl J. Littleton (book)
Producer >> Darryl J. Littleton, Quincy Newell, Angela Northington
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 5

Now we know why we laugh, and love...
黒人コメディアンが黒人コメディについて語るドキュメンタリー。

デーモン・ウェイアンズというコメディアンとスクリーンを通じて出会った時から、私の人生は大きく変わった。日本のお笑いとアメリカのお笑いは全然違うと人は言うけれど、両方好きな私にとってはそんなに違いは無い様に感じている。どっちが技術的に上だとかいう論議はくだらない。そんな事よりも「笑う」事が我々にとっても彼等にとっても利益なのである。そのコメディアンの経験や目線とどれだけ共有できるか?が、我々観客を笑いへと導く。でもアメリカはやっぱり広い。ヒスパニックに白人、日本人やアジア人のコメディアン等の様々なコメディアンが存在し笑いも多様化している。その中でなぜ私はデーモン・ウェイアンズという黒人のコメディアンを愛おしく思うようになったのか?考えた事はある。私が彼を知った時にはヒスパニックのコメディアンは今ほど見なかったし、まだまだ白人対黒人の時代だった。そのウェイアンズから感じたのは「主張」である。このドキュメンタリーでも冒頭で学者が同じ事を言っていた。「我々は存在しているのだ」と。

時代を超えて、様々な形へと変えてきたコメディ。我々は時代が変わっても、笑いで涙を流し、笑いと共に大きく手を叩いてその多様なジョークに拍手を送ってきた。その彼等の歴史にも笑いと涙と拍手は付き物だったのだ。そんな彼等の歴史をちょっと垣間見るのに丁度いい。

(4/27/10:DVDにて鑑賞)