SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

N.W.A

以前からお伝えしているように、アイス・キューブドクター・ドレなど本人たちがプロデュースするN.W.Aの自伝映画『Straight Outta Compton』。ツイッターで先に書いてしまいましたが、主なキャスティングが発表された!しかもアイス・キューブがそれを自分達とキャストと共に撮った集合写真で明らかにした。

という事で、アイス・キューブ役には実の息子オシェ・ジャクソン・ジュニアが選ばれた。イージーEには、『Broken City / ブロークンシティ (2013)』のジェイソン・ミッチェル、ドクター・ドレには『Non-Stop / フライト・ゲーム (2014)』のコーリー・ホーキンスが決定した。ドレ役にはマーカス・カレンダーが選ばれたという情報もあったが、それは誤報で実際にはコーリー・ホーキンスが選ばれている。

正式に発表したのは6月18日だったが、以前からアイス・キューブ役にはキューブの息子が演じるのでは?という噂は絶えずあり、キューブ自身も公言していた。

ドクター・ドレにもDNAで明らかになった息子カーティス・ヤングが居る。しかもその息子は俳優を目指し、今は2作品に出演している。ドクター・ドレの息子が選ばれなかった理由を、息子本人が語っている。「実はキャスティング会社から連絡があって、オーディションには参加したんだ。でも父がもっと演技の経験のある人が演じて欲しいと言ったらしくて、僕はまだ演技の経験が少ないからダメだった。でも役を獲得した人には嬉しく思うよ」と話している。ドレ自身は、『Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)』のマイケル・B・ジョーダンに演じて欲しいと願っていたが、スケジュールが合わなかった。

Dr. Dre's Son Explains Why His Father Did Not Want Him In N.W.A. Biopic - AllHipHop.com

そしてやはり私が予感していたように、イージーEの息子も自分の父役を演じたかったが、願いが叶わず、怒りを露にしている。彼は芸名も「Lil Easy E(リル・イージーE)」を名乗っており、「俺は父そのものだし、そっくりだし、声だって同じさ」と話している。しかしイージーEの未亡人となったリル・イージーEの母でもあるトミカ・ライトはジェイソン・ミッチェルがイージーEを演じる事を承認している。

Eazy-E's Son Upset He Was Not Cast In N.W.A Biopic - AllHipHop.com

監督は『Friday / friday (1995)』のF・ゲイリー・グレイ。N.W.AのほかのメンバーであるMCレンやDJイェラにアラビアン・プリンスなどはまだ決まっておらず、既に発表があるはずだが、まだ発表には至っていない。