SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Trip to Bountiful / 日本未公開 (2014) (TV)

Cast >> Cicely Tyson (Mrs. Watts), Vanessa Williams (Jessie Mae Watts), Blair Underwood (Ludie Watts), Clancy Brown (Sheriff), Keke Palmer (Thelma), Arthur French (Roy) ...
Director >> Michael Wilson
Writer >> Horton Foote (play)
Producer >> Hallie Foote, Jeffrey M. Hayes
Genre >> Drama

総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

"This is my story, and this is my song"
1940年代アメリカのテキサス州ヒューストン。ミセス・ワッツ(シシリー・タイソン)は、アパートで息子夫婦の為に朝ごはんの支度をしていた。ミセス・ワッツは、息子の嫁ジェシー・メイ(ヴァネッサ・L・ウィリアムス)と顔を合わせれば喧嘩をしていた。ジェシー・メイはミセス・ワッツの一挙一動にイライラしていた。しかもジェシー・メイは声を荒げるので夫で息子のルーディ(ブレア・アンダーウッド)も何も出来ずに居た。そんな状況に一杯一杯になったミセス・ワッツは心臓が弱まっているのにも関わらず、家出して、故郷のバウンティフルへと旅立ってしまう。バス停で出会った若い女テルマ(キキ・パーマー)は、そんなミセス・ワッツの会話に耳を傾けるのだった...

名女優シシリー・タイソンが30年ぶりにブロードウェイに戻った...というか、彼女を戻させた舞台の映画化。タイソンはこの舞台のこの役を演じるのが長年の夢だった。79歳にして堂々と舞台に立った。そんな彼女の舞台が観れないなんて残念と思っていたが、ライフタイムがちゃんとTV映画化。それだけで素晴らしい。この役はもう1人の名女優リリアン・ギッシュもブロードウェイで演じている。近すぎてぶつかりあう姑と嫁。他人であるテルマと出会い、少し変わりつつあるミセス・ワッツ。ジェシー・メイだって、他人だったらテルマのような思いやりのある女性だったかもしれないのだ。可愛い子には旅をさせろというが、79歳のお婆さんだって旅をする事で今まで見えなかった事が見えてくるのだ。そんなミセス・ワッツをタイソンは魅力的に演じている。そしてそんなジェシー・メイをヴァネッサ・L・ウィリアムスは最高に悪く演じている。

シシリー・タイソン、ヴァネッサ・L・ウィリアムス、キキ・パーマーという3世代の可愛い子供たちの旅。美しく力強い。

(5/9/14:TV録画にて鑑賞)