SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Heat Wave / 日本未公開 (1990) TV 89本目

はてな年間100本映画クラブ

この映画、久々に見たくなって見た。何度見ても泣ける。このジェームス・アール・ジョーンズが大好きなんだな。シシリー・タイソンにちょっかい出す姿が無茶苦茶愛らしい... なんて年上の人に向かっていう言葉じゃないのは、十分分かってるんだけどね。凄く可愛いんだわ。だから余計に切なくなるんです。
ヴォンディ・カーティス=ホールは、監督としてよりも、やっぱり俳優として好きかも。「リナ・ホーン」連発するシーンが好き。でもね、ドンドン暗くなるんですよね。だから余計に切なくなるんですわ。
ストーリーはとってもシリアスです。60年代のワッツ大暴動のお話。大暴動になるまでの緊張感とかが良く分かる。実在したロサンジェルス・タイムスに勤めていた1人の黒人の若者を通して見た、ワッツ大暴動です。最初見た時には「感動した!」ってだけで、全然調べもしなかったんだけど、今回改めて調べて見たら、彼はこの後にはピューリッツア賞を受賞したものの、アルコール依存症でキャリアをダメにしたようだ。この映画の10年後に亡くなったらしい。つまり2000年。この映画の製作にも協力して、彼を演じたブレア・アンダーウッドとも話とかしたらしい。でも、まだその頃はアル中で、この映画がきっかけは分からないけど、その後すぐにアルコールを絶って、亡くなるまでの8年間はアルコールに触れなかったらしい。何ていうか、色んな出来事って大きな事と小さな事が重なりあっている気がするんです。この映画の彼は小さな事だったかもしれないけど、こうやって映画になって、今度は大きな出来事になって、色んな人にパワーを与えた。ワッツもね、そんな感じがするんですよね。
そういう訳でも、なんだかまた見直したくなった訳です。

(4.75点/5点満点中:DVDにて観賞)