SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Grudge Match / リベンジ・マッチ (2013) おまけ

ケビン・ハートの事だけね。なのでおまけ。スタローンとデ・ニーロ演じるボクサーのかつてのプロモーターの息子で、今回の試合を仕掛けたダンテ・スレート・ジュニアを演じた。しかし本当に最近のケビン・ハートは勢い付いている。出る映画出る映画がヒット。コメディアンにも時代があって、初期からレッド・フォックス、ディック・グレゴリー、ビル・コズビー、リチャード・プライヤーエディ・マーフィマーティン・ローレンスバーニー・マックデイブ・シャペル... と大体10年周期でやってくる。エディ・マーフィを除くと大体みんな30歳前後にピークがやってくる。そして今は完全に34歳のケビン・ハートの時代。所が私はそれが気に食わなかったんだよねー。無理無理!って正直思ってましたよ。所が、ウィル・パッカーと組んでいる「Think Like A Man / 魔法の恋愛書 (2012)」当てて、いやー他にも人気の俳優出ているから...と思っていたら、アイス・キューブと出演した「Ride Along / ライド・アロング ~相棒見習い~ (2014)」まで当てた!アイス・キューブ兄貴も出ているしー!!と強がってみたけれど、「About Last Night / きのうの夜は… (2014)」まで当ててきた!!とさすがに認めざるを得ない。私、完敗であります!まあそんな所がスライ隊長に認められて、こんな大役貰ったんだと思います。けど、この映画自体の興行成績はイマイチでしたが...

157cmのケビン・ハートが口八丁手八丁で貫禄ある2人のスターの間に入るだけで面白い。なにせ台詞が苦手なスライ隊長と台詞は上手いけれど寡黙な役が似合うデ・ニーロの間にウルサいハートが入ると際立ちますね。そういうミスマッチな感じもスライ隊長は狙ったんでしょうね。さすが隊長!ケビン・ハートも自分の役割分かっているから、2人に加えアラン・アーキンまで引っ掻き回す!アーキンに「ジーザスどうだった?かっこよかった?」と聞いているのが面白い。これからは日本未公開になるであろう、彼の主演コメディが沢山作られるのは間違いないけれど、こういう風に日本でも公開されるような映画で名優のサポート役っていうのも増えてくれると嬉しいね。いちよう出ていた「ディス・イズ・ジ・エンド」では見せ場なかったし、この程度のサポートが好ましいね。

とは言え、この映画はかつてのロッキーとかつてのレイジング・ブルが対戦する事の面白さが最大!彼等の若い頃の写真は、完全にその2作品からの物だしね。アーキンが、スライ隊長に生卵飲ませたり、逆に肉を叩こうとして「汚い」って止めたり...完全に彼等のロッキーやレイジング・ブルを想像させるようなシーンも多かった!

しかし最近のロバート・デ・ニーロの引く演技は素晴らしいねー。「Last Vegas / ラスト・ベガス (2013)」の時もそうだったけれど、こう枯れた男の哀愁を見事に演じ切っているね。ここ最近のデ・ニーロは、私にとってはキレっキレ!やっぱりこの人凄いわー!!って思わせてくれる。いや、昔の70年代のスコセッシ時代のデ・ニーロも好きだけど、今のデ・ニーロも別の意味でキレっキレで好きです。この前日本で出ていたバラエティとか観たけど、それはとてもとても神経質そうで取っ付きにくい人だなーという印象だったけど、最近のデ・ニーロは映画ではハッチャけている...とまでは言わないけれど、力が抜けていい感じだ。スライ隊長もですけど。スライ隊長は、観客が楽しめるようなエンターテイメント性への追求が素晴らしいですよね。だからこそロッキーを蘇らせてくれた!

オフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:6/7/14:DVDにて鑑賞)