SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

20 Feet from Stardom / バックコーラスの歌姫たち (2013) 1188本目

今年のアカデミー賞のドキュメンタリー部門にノミネートを果たした作品。その前に滑り込み鑑賞。というか、ちょうどアメリカではDVD化。タイミングがよろしいですね!

このドキュメンタリーは邦題の通り、バックコーラスの人たちを追った作品。そして原題通り、彼女達のスターダムへはあとちょっとの距離。もちろんバックコーラスには男性もいるけど、ここでは主に6人の女性バックコーラスを追っていく。6人とは、先駆者的なダーレン・ラブ、ローリング・ストーンズの「ギミー・シェルター」でお馴染みのメアリー・クレイトン、ソロ活動も記憶にあるリサ・フィッシャー、ティナ・ターナーのバックだったクラウディア・リニア、今でも現役タタ・ヴェガ、これから活躍するであろうマイケル・ジャクソンの最後のツアーのバックだったジュディス・ヒル。その6人の歴史が語られていく。それぞれ6人の歴史が、まあ面白い!ダーレン・ラブは、まさに「The Five Heartbeats / ファイブ・ハートビーツ (1991)」的な物語を地でいったタイプ。歌を諦めて、一時期家政婦的な仕事までしていたとは驚きだ。メアリー・クレイトンの「ギミー・シェルター」の回想録も面白いし、旦那さんに「スウィート・ホーム・アラバマ」に参加する事をススメられた話もいい。リサ・フィッシャーのソロは何となく覚えている。グラミーまで取ったのに、ソロアーティストとしては長続きしなかった。スーパースターになる事は、歌が上手い事だけじゃダメだと思わされる。だけど本当に歌が上手いというだけで、成功してきた歌手も沢山いる。こればかりは、どうしてそう分かれてしまうのか、謎なレベル。まあ個性なんだろうね。やっぱり。リサ・フィッシャーはバックシンガーとしての才能や個性はあるんだけど、ソロとなったときにそれをリードするだけの個性が無かった。また時代もあったんだろうね。ルーサー・ヴァンドロスは同じくバックボーカルから、ソロシンガーとなり大成功を収めた1人。やっぱりルーサーには断固とした才能と、バラードやらせたら世界一という個性があったものね。結婚式で絶対に掛けたいもん、ルーサーの曲。幸せの門出には、ルーサーの歌声だよ、絶対!幸せな歌声だもの。

と、もう1人気になったのが、クラウディア・リニア。アイク&ティナ・ターナーのジ・アイケッツのメンバーだったクラウディア。美貌でもあり、プレイボーイに載った事もある程。ローリング・ストーンズの「ブラウン・シュガー」は彼女の事を歌っていると言われている。当時の写真を見ると、そのミック・ジャガーとはとても仲が良かった事が伺える。当時の所謂「It Girl」だったのでしょう。彼女もソロアルバムを出したけど、ソロでは売れなかった。そんな彼女は、すっぱりと芸能界を諦めて、学校の先生になっていた!しかも音楽じゃなくって、スペイン語の先生!!

そんな彼女達の成功や失敗を受けて、今注目と期待を集めるのが、ジュディス・ヒルマイケル・ジャクソンのツアーのバックに選ばれ、マイケルの追悼で「ヒール・ザ・ワールド」を歌った彼女。彼女の母親は日本人。我々と同じ背景が彼女にもある。そんなジュディスは小さい頃から教会で、スライ・ストーンの妹ローズ・ストーンの元で歌っていた。両親もミュージシャン。その彼女の両親のセッションが、ボーナス映像では見れますよ!お父さんがやる気満々!

良質な黒人音楽映画に必ず感じてしまう、時代背景もあってビタースイートななんとも言えない感情を沸き起こしてくれる作品。しかし、改めてルーサー・ヴァンドロスが如何に偉大だった事に気付かされた!ルーサー!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:1/15/14:DVDにて鑑賞)