SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Loving Story / 日本未公開 (2011)

Cast >> Mildred Loving, Richard Loving, Bernard S. Cohen, Philip J. Hirschkop ...
Director >> Nancy Buirski
Writer >> Nancy Buirski, Susie Ruth Powell
Producer >> Nancy Buirski, Elisabeth Haviland James
Genre >> Documentary

総合ポイント4.5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 4 音楽 >> 4

Almighty God created the races white, black, yellow, malay and red, and he placed them on separate continents.
1958年、アメリカの幾つかの州では、違う人種同士が結婚する事が許されていなかった。その一つの州ヴァージニアで生まれ育ったリチャード・ラヴィングとミルドレッド・ラヴィングの2人は愛し合っていた。2人は仕方なくワシントンDCにて結婚して、ヴァージニアに戻ってきた。しかしある夜、法を犯したと逮捕されてしまう。それから9年間2人は試行錯誤して、1964年に法と戦う事となったが...

以前にはドラマTV映画化「Mr. and Mrs. Loving / 日本未公開 (1996) (TV) 」もされているリチャード&ミルドレッド・ラヴィング夫妻の戦い。今回はドキュメンタリー映画となった。2人の写真や実際の映像、そして弁護をした弁護士達の証言や友人や家族の証言が語られている。以前のドラマ化された作品はかなりロマンチックに作られていたが、今回は率直だ。とてもローキーだ。映画の作りもローキーだが、リチャードとミルドレッドの性格もローキーなのが分かる。リチャードもミルドレッドも「法律を変えてやるぞ!」という熱血漢では全くない。控えめだ。弁護した弁護士も「リチャードは普通のレッドネックだ」という位、本当に普通。映画で観るような嘘ぽい愛情たっぷりな夫という印象はまるで無い。ミルドレッドも「彼は一見横柄に見えますよね」と認めている。でも法廷に行く際に2人が手をずっと繋いでいたのが印象的。ミルドレッドも本当に控えめ。2人は多くを語らない。だから法的な手続きをするのに5年も掛かったのが理解出来る。でも2人は「ただ一緒に故郷ヴァージニアで住みたい」という事が一致していた。

奇しくも彼等の名は「ラヴィング」...愛情を示すという意味。愛とは何か、結婚とは何か、まさしく愛は全てを征服するのだ!!

(6/5/13:DVDにて鑑賞)