SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Adventures of Pluto Nash / プルート・ナッシュ (2002)

Cast >> Eddie Murphy (Pluto Nash), Randy Quaid (Bruno), Rosario Dawson (Dina Lake), Joe Pantoliano (Mogan), Jay Mohr (Tony Francis), Luis Guzman (Felix Laranga), James Rebhorn (Belcher), Peter Boyle (Rowland), Burt Young (Gino), Miguel A. Nunez Jr. (Miguel), Pam Grier (Flura Nash) ...
Director >> Ron Underwood
Writer >> Neil Cuthbert
Producer >> Martin Bregman, Michael Scott Bregman, Louis A. Stroller
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント3.5点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 4

"Obviously, you did something stupid."
2080年、人類は宇宙への進出に成功し、既に月に「リトル・アメリカ」を作り上げていた。そこで密輸で刑務所に入っていたプルート・ナッシュ(エディ・マーフィ)が親友のトニー(ジェイ・モーア)の寂れたクラブに戻ってきた。トニーは借金でクラブを手放す寸前だったが、プルートがクラブを買い取り、7年後にはそのクラブは月で一番繁盛していた。そしてプルートのクラブにシンガーを目指すディーナ(ロザリオ・ドーソン)が現れ、プルートはウェイトレスとして働く事になった。しかし、プルートの元には大きなカジノを仕切るレックス・クレーターという男の組織がプルートにクラブを売るように言ってくるが、プルートは拒否した。プルートのクラブはレックスの組織に破壊されたのだった...

エディ・マーフィ主演のSF?コメディである。ラジー賞には異様に好かれている作品でもある。というか、ラジー賞エディ・マーフィありきの賞。エディの人気におんぶにだっこである。しかし、そこまで悪くない。エディ作品の最高傑作とは思わないけれど、そこそこ楽しめる。私はテレビで放映される度にちょこちょこと見てしまう程だ。ロザリオ・ドーソンはヒロインとしてとてもチャーミングだし、ルイス・ガスマンの登場シーンとかも面白い。ヒラリー・クリントンがお札になっているのも面白かった。

と、最近のエディ・マーフィの作品の感想では、毎回「最高傑作じゃないけど、そこそこ楽しめる」と書いている気がする。でも意外と、毎回「そこそこ楽しめる」作品を作るのは出来る事じゃない。エディ・マーフィはやっぱり凄いんだよ!

(5/10/13:DVDにて鑑賞)