SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Adventures of Pluto Nash / プルート・ナッシュ (2002) 1119本目

あれだよね。ラジー賞って所謂「最低映画賞」っていうよりも、有名だけどちょっとだけ失敗しちゃった作品賞だよね。本当に面白くない作品を選んじゃうと、ラジー自体も目立たなくなるもの。私が今まで見た映画の中で最低だわーっていうのが、「It's Pat / いとしのパット君 (1994)」。TV放映で観た。一ミリも面白くないのよ。なのにラジー賞ではノミネート止まり。しかも上映から2年後にノミネートと訳分からない。多分ラジー側もテレビ放映でその映画に気が付いたんだろうね。あー、あと私の愛しのデーモン・ウェイアンズ爺が出ていた「Goosed (1999)」っていう映画も酷かったねー。こちらは割りと知られた俳優達が出ていたけど、まー酷かった。これはノミネートすらしていない。されるべき悪品。あと、ラジーは結構大物の名前に頼るのが多い。歌手が映画に出た時には、必ず選んでいる。タブロイド向けだろうね。絶頂期のブリトニー・スピアーズとかリアーナとか。後は、スタローンとかアダム・サンドラーだと、最近だとタイラー・ペリー好き。そしてもう一人が、この映画の主役エディ・マーフィ。今回のこの映画で計7つもノミネート。面白くないっていうの!あ、この映画って訳じゃなく、ラジー賞がね、面白くない。

という事で、我らのエディ・マーフィはもちろんタイトルの”プルート・ナッシュ”を演じている。2080年の近未来。人類は宇宙への移住に成功していて、月には「リトル・アメリカ」という町を形成している。プルート・ナッシュは宇宙間の密輸で逮捕され刑務所から帰ってきたばかり。親友のトニーが経営しているクラブに戻ってくる。しかしトニーはそのクラブ経営で失敗しており、借金が多額にあった。まさに取立て屋が来た所に、プルートは現れて、そのクラブを自分が買い取る事でトニーを救った。7年後、そのクラブは月で一番の人気となり繁盛していた。しかし、それに迫るのが大きなカジノを成功させていたレックス・カーターという人物だった。レックスの手下の地上げ屋がプルートのクラブを襲い、プルートの命まで追う事になってしまう!プルートは、ウェイトレスに雇ったばかりのディーナと、古い形のロボット・ガードマンであるブルーノと共に逃げていくが...

まあね、まだ10年前の映画で、しかもSFなのに超ダサいよ。あの近未来の世界観はどうにかならないかと思うけれど、コメディ映画だからね、「ブレードランナー」みたいにカッコよ過ぎても仕方ないからね。それにしてもダサいよね。エディが持っていた銃とかも笑っちゃう。って、コメディだから笑っちゃって正解なんだよね、そこは!この映画、共演者が意外に渋い。元々はジェニファー・ロペスに打診していたようだけど、相手役はロザリオ・ドーソンで正解だったよね。滅茶苦茶可愛いけど、後に「シンシティ」でゲイルを演じるカッコ良さがこの映画でも垣間見られる。「ロッキー」シリーズのバート・ヤングとか、「Bad Boys / バッド・ボーイズ (1995)」シリーズのジョー・パントリアーノとかね。まあランディ・クェイドはいいとして、ルイス・ガスマンの登場シーンとかも面白かったねー。いい感じの脇役だった。インパクトあるしね、あの顔(ゲロゲーロ© 青空球児)。そしてパム・グリア嬢ですよ!パム嬢がエディのママ役。途中でパム嬢が現役バリバリだった頃のような銃スタント見せてくれるよね。それだけでも満足!

という事で、私はテレビ放映の度にちょこちょこと見てしまいます。感想にも書いたけど、確かにエディ・マーフィの最高傑作じゃないよ。私もそこまで面白いと熱弁はしません。でもそこそこ面白い。その「そこそこ面白い」を続けられるエディって、やっぱり凄いよ。私が大好きなデーモン・ウェイアンズ爺だって、上に書いたような作品とか、「Marci X / マーシーX フレンズ以上、恋人未満!? (2003)」みたいな映画に出る羽目になってるんだもの。この映画は「マーシーX」より10倍位は面白いよ。「マーシーX」はラジーにすら見向きもされてない。エディはこの作品について「多分好きな人は2-3人」と語っている。多分その中の一人が私なので、あと2人は誰でしょうね?「いとしのパット君」よりは確実に面白いよ!ちなみにこの作品がラジー賞にノミネートされた年の最低映画賞はマドンナと彼女の元夫ガイ・リッチーの「スウェプト・アウェイ」。最低女優賞はそのマドンナとブリトニー・スピアーズが同時受賞。この映画の主演女優になっていたかもしれないジェニファー・ロペスも別の作品でノミネート。ブリトニーが注目を集めていた程なんて...うーん、10年一昔!

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:5/10/13:DVDにて鑑賞)