SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

G.I. Joe: Retaliation / G.I.ジョー バック2リベンジ (2013)

Cast >> Channing Tatum (Captain Duke Hauser), Bruce Willis (Joe Colton), Dwayne Johnson (Roadblock), Ray Park (Snake Eyes), RZA (Blind Master) ...
Director >> Jon M. Chu
Writer >> Rhett Reese, Paul Wernick
Producer >> Lorenzo di Bonaventura
Genre >> Action
Release (US) >> 03 / 29 / 2013
Release (JP) >> 06 / 08 / 2013

総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 3 演出 >> 3 音楽 >> 3

"Let's move! The world ain't saving itself!"
G.I.ジョーの基地が奇襲攻撃を受けてほぼ全滅した。ロードブロック(ドゥエイン・ジョンソン)とフリント、そしてジェーンの3名だけが、何とか生き残ったのである。3人は大統領が以前と違う事を突き止めた。そして彼等にとって、どこかに居るであろうスネークアイズ(レイ・パーク)だけが頼りだった。そして引退していたジョー・コルトン将軍(ブルース・ウィリス)に助けを求めたのだった。

前作とは全く趣が違う「G.I.ジョー」映画。監督もキャストもほぼ一新。前作からチャニング・テイタムが出演しているが、今回の主役はドゥエイン・ジョンソンと言っていいだろう。彼の出演によって、前作よりも筋肉ぽいゴツゴツしたアクションが増えたのが良い。しかもジョンソンの独特のユーモアとクールネスも増えた。そしてレイ・パークの目を見張るような崖のロープでのシーンは圧巻だ。あれの為にこの映画があると言ってもいい程。イ・ビョンホンも相変わらず脱いでいる。どうせ脱ぐならつけなきゃ良いのに!とは言え、相変わらずのつまらぬプロットだった。

このような絶対にフランチャイズされるような映画で主役を張ったからと言って、レギュラーになれる訳じゃない!という、ハリウッドのキャスティング事情の方が、G.I.ジョーが挑んだ戦場よりも過酷!痛々しい。

(3/29/13:劇場にて鑑賞)