SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Peeples / 日本未公開 (2013)

Cast >> Craig Robinson (Wade Walker), Kerry Washington (Grace Peeples), David Alan Grier (Virgil Peeples), S. Epatha Merkerson (Daphne Peeples), Kali Hawk (Gloria Peeples), Tyler James Williams (Simon Peeples), Diahann Carroll (Nana Peeples), Malcolm Barrett (Chris Walker), Melvin Van Peebles (Grandpa Peeples), Kimrie Lewis-Davis (Meg) ...
Director >> Tina Gordon Chism
Writer >> Tina Gordon Chism
Producer >> Stephanie Allain, Ozzie Areu, Paul Hall, Matt Moore, Tyler Perry
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 5

Shall be the truth, the whole truth and nothing but the truth, so help me God...
ウェイド・ウォーカー(クレイグ・ロビンソン)は子供達にお漏らしをしないように歌で教えるカウンセラーのような事をしていた。恋人のグレース・ピープルス(ケリー・ワシントン)に何度もプロポーズしようとしていたが、中々言い出せずにいた。週末にまたプロポーズをしようと考えていたが、グレースは家族と会いに別荘に行くという。そしてなぜかグレースはウェイドに家族を会わせないようにしていた。またもや見送るウェイドだったが、弟クリス(マルコム・バレット)のアドバイスもあって、グレースを追いかけてピープルス家に会いに別荘に乗り込むのだったが...

ドラムライン」や「ATL」等の脚本家ティナ・ゴードン・チズムの初監督作品。なぜかタイラー・ペリーが制作者として参加している。TVシリーズなどで人気のクレイグ・ロビンソンが初主演。お相手はTVシリーズ「スキャンダル」も好調のケリー・ワシントン。黒人版「ミート・ザ・ペアレンツ」等とも言われているが、それともちょっと違う趣。黒人社会にもある階級の違いよるヒエラルキーも伺えられるので、「Jumping The Broom / ジャンピング・ザ・ブルーム 〜恋と嵐と結婚式〜 (2011)」的な部分も感じられる。でもこの映画の一番の面白さはクレイグ・ロビンソンだ。彼のなんとも言えないチャーミングさがたっぷりである。テディベアぽい憎めなさ。彼がヘマする度に面白い。得意の歌すら面白い!ウェイドは彼の為にある役とも言える。そして昔「ブランクマン」という映画で、そんな感じの憎めない兄を演じていたデビット・アラン・グリアが、今回は頭の切れる頑固な父を演じているのも面白い。彼のマルチな才能を発揮している。

話は前にも見たような...でも、このクレイグ・ロビンソンとデビット・アラン・グリアの魅力はオリジナルだ!2人の化学反応に劇場でケラケラと笑ってしまうのだ。

(5/12/13:劇場にて鑑賞)