SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Hard Luck / ハード・ラック (2006) (Video)

Cast >> Wesley Snipes (Lucky), Jackie Quinones (Angela), Cybill Shepherd (Cass), James Hiroyuki Liao (Chang), Bill Cobbs (Cobb), Mario Van Peebles (Captain Davis), Luis Guzman (Million Dollar Mendez), DJ Clue (Goodlife), Styles P. (Crazy B) ...
Director >> Mario Van Peebles
Writer >> Larry Brand, Mario Van Peebles
Producer >> Donald Kushner, Mario Van Peebles, Brad Wyman
Genre >> Crime
Country >> USA
4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

"Idolater! Your soul is required in hell! "
ラッキー(ウェズリー・スナイプス)は刑期を終え、監獄を後にした。刑期中に世話になったケースワーカーの女性と付き合っていたが、ハリケーンカトリーナのせいで全てを失った。ニューオリンズを後にし、昔住んでいて、悪名を馳せていたニューヨークに戻った。再起しようと頑張っていたが、昔の仲間がラッキーをストリップクラブで嵌めた。500000ドルを手にし、ストリップクラブで働いていたアンジェラ(ジャッキー・キノネス)の車で2人は逃げた。その頃、「ノコギリ歯殺人鬼」と言われているシリアル・キラーが奇妙な殺人を繰り返していた。その事件と、そして昔の怨恨でラッキーを執拗に追っていたのが警察官のデービス(マリオ・ヴァン・ピープルス)だったのだ。

分かるかなー、分かんねーだろうなーと、松鶴家千とせになってしまう。「ニュージャック・シティ」のリユニオン映画である。マリオ・ヴァン・ピープルスに監督の話がやってきた時に、既に主演にはウェズリー・スナイプスが決まっていたという。ならば!とピープルスは監督の話を受ける。何はともあれ「ニュージャック・シティ」は90年代のブラックムービーのブームを牽引した金字塔映画である。ウェズリー・スナイプスは、実在したニューヨークの麻薬キングピンだったニッキー・バーンズをモデルにしたニノ・ブラウンを演じた。そしてニノ・ブラウンを執拗に追うのがマリオ・ヴァン・ピープルスが演じたストーン。2人には長い歴史がある。今でも追うストーンに、今でも逃げるブラウン。台詞にもそれを思わせる部分が多々あって、「ニュージャック」ファンには涙モノだ。しかも「ニュージャック」でニノ・ブラウンを殺した老人役のビル・コブスまで出てくるのだ!!

ネタ元を知っている人には色んな意味で涙モノ。彼等がまた組んだのは本当に嬉しい。でもファンだからこそ、もっと派手にそしてお金掛けて豪華にリユニオン映画を作ってまた歴史を作って欲しかったと思ってしまうのだ。

(4/16/13:DVDにて鑑賞)