SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

American Warships / バトル・オブ・パシフィック (2012) (Video)

Cast >> Mario Van Peebles (Captain Winston), Carl Weathers (General McKraken), Johanna Watts (Lt. Caroline Bradley), Nikki McCauley (Dr. Julia Flynn), Mandela Van Peebles (Lookout Dunbar) ...
Director >> Thunder Levin
Writer >> Thunder Levin
Producer >> David Michael Latt, David Rimawi, Paul Bales
Genre >> Action

総合ポイント 2.5点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 3 演出 >> 2 音楽 >> 2

"Hoo-yah!"
数々のミッションを終え、ロサンジェルスの港で引退し、ミュージアムとなる予定だったUSSアイオワ。そのロサンジェルス港に向かう途中、USSエンタープライズが何者かに襲われた。そのUSSアイオワの最後のキャプテンであったウィンストン(マリオ・ヴァン・ピープルス)は、即座に向かった。しかしミュージアムへの準備をしているので、あまり軍事兵器もないままだったが、USSアイオワは単独でその敵と向う。日本海沖で、韓国の軍施設も攻撃された事から、中国の後ろ盾による北朝鮮の攻撃だと、ウィンストンやペンタゴンの軍関係者は思っていたが...

( ´,_ゝ`)プッ。アサイラム作品をマジにとってはいけない。しかもあの『シャークネードー』のサンダー・レヴィン監督。寧ろ正確さを求めるのが間違いで、その多すぎる間違いを楽しむのが通だ。ありえない、事実とは違うエラーの数。オフィサー同士、しかもトップが甲板で部下とキス。しかも大事なときに... 制服や戦艦の間違いを上げていったら、きっと2000字でも足りないであろう。マリオ・ヴァン・ピープルスなる時代を作った映画人が、こんな映画で真面目に演技していること自体が非常に悲しい事なのである。

でもまあこの映画がパロディった本家の『バトルシップ』もエラーだらけだったから、そのパロディとしてはエラーだらけで正解なのかもしれない。『シャークネードー』程の遊び心があったら、この作品も好きになれたかもね。

(1/27/15:ストリーミングにて鑑賞)