SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Buck and the Preacher / ブラック・ライダー (1972)

Cast >> Sidney Poitier (Buck), Harry Belafonte (The Preacher), Ruby Dee (Ruth), Cameron Mitchell (Deshay), Denny Miller (Floyd), Nita Talbot (Madam Esther), John Kelly (Sheriff), Tony Brubaker (Head man), Bobby Johnson (Man who is shot), James McEachin (Kingston), Clarence Muse (Cudjo) ....
Director >> Sidney Poitier
Writer >> Ernest Kinoy, Drake Walker, Ernest Kinoy
Producer >> Joel Glickman, Harry Belafonte, Sidney Poitier
Genre >> Western
Country >> USA

総合ポイント5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

Surviving with dignity
南北戦争が終わり、黒人は奴隷から開放され、土地とラバを約束された。しかし土地とラバを手にする事はなかった。それでも黒人達はマスター達から離れ、自分達の土地を求めて土地を開拓していこうとしていたが、白人の人々にそれを邪魔にされ、バウンティハンター達も彼等を狙っていた。黒人のバック(シドニー・ポワチエ)は、そんな黒人達を助け、彼等を安全な地に案内する仕事をしていた。しかしバックは白人一味のディシェイに襲われ、危機一髪で逃げた。たまたま水浴びをしていた旅牧師のプリーチャー(ハリー・ベラフォンテ)から馬を奪った。バックの馬を確認したディシェイはプリーチャーを襲うとした。そこでプリーチャーはバックを見つければ500ドルという大金が手に入る事を知り...

名優シドニー・ポワチエの初監督作品。ポワチエの親友ハリー・ベラフォンテが出演・制作。ポワチエバーブラ・ストライサンドポール・ニューマンスティーブ・マックイーンと共に制作契約をし、会社を設立したのが「ファースト・アーティスト」。そこで制作された作品。ベラフォンテからたまたま「良い脚本があるから読んでくれ」と言われたのがこの作品。当初は別の監督に決まっていたが、見解の違いが生じて、ポワチエが監督となった。南北戦争後を舞台にした西部劇。黒人が自由を求めて、南部を離れ開拓していこうという歴史が描かれている。そこにポワチエもベラフォンテも気に入った。そして白人への復讐が初めて描かれた作品でもある。黒人の観客は歓喜し、ヒットとなった。ポワチエがいつのもように英雄を演じ、その反面ベラフォンテは謎の多い牧師を活き活きと演じているのが印象的。そして自由と安定を求めるバックの妻ルースを演じたのが名女優ルビー・ディ。この作品でも夫を献身的に支える妻を熱演。

ポワチエはこの作品は「威厳と共に生き残る」と語っている。全くもってその通りで、黒人の歴史とポワチエとベラフォンテの歴史が、この映画と共に威厳を持って生き残るのだ。

(3/1/13:DVDにて鑑賞)