SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Oblivion / オブリビオン (2013) 1110本目

なぜか観てきた。やっぱり、モーガン・フリーマンぜよー!!と言っても、最近のモーガン・フリーマンにはどうもハマらなかった。あんなに凄いモーガン・フリーマンも、それこそ私にとってモーガン・フリーマンは「オブリビオン(完全に忘れられた人)」になりつつあった。それほど、最近ハマってなかった。しかし、この映画でのモーガン・フリーマンは最高だったぜよー!ダースベイダーみたいな衣装とジョン・レノン・サングラスに萌ぇぇぜよー!!

と言っても、主役はトム・クルーズ。うちの夫は酷い事言ってたよ。体格いい訳じゃないし、背も低くて、今回も女優より背が低かったのに、なんでアクションスターになりたがるのかねーと。酷い悪口。私はそこまで嫌いじゃないよ。私生活は噂レベルだから、良く知らないし、本当かもしれないけど分からない。まあそこの部分は軽く置いておいて、映画でのトム・クルーズは嫌いじゃない。私が映画見始めた頃からずっと第一線だもんね。やっぱり、それなりに魅力があるって訳ですわ。全部見た訳じゃないけど、あんなに変動激しいハリウッドでずっと主役よ。しかも殆どがブロックバスター映画。オスカー作品ですらある。しかもスキャンダルまであるのにね。夫が言うように確かに背だって低い。ほら、最近発表されたじゃないですか、女性は背が高い男性が好きって。それなのにですよ!トム・クルーズはずっと第一線なのですよ!!やっぱりトムクルの魅力は、そのルックスと姿勢にあると思う。あのルックスは一般的な白人男性をちょっとだけ男前にした完璧な形。一般人でももしかしたら?という期待を感じさせる丁度良い男前顔。ファンサービスも上手。背が低いというコンプレックスをアクション頑張る事で克服している感じも良い。頑張ってるんだよ、トムクルだって...っていう感じがね、良いよね。魅力だよね。

この映画でもトムクルは頑張ってるよ。超カッコイイハイテクな乗り物に乗ってる。あれはリバースしそうだけど、乗ってみたいわー。映画の舞台となった2077年には実用化されているかしら?それまで生きて居られないだろうねー、私。そしていつもの紐芸を見せるトムクルだったが、今回は絶体絶命の巻!が見られるよ!物語は、妻vs彼女のキャットファイトはないけれど、心理戦があったり、トムクルvsトムクルがあったりと笑えました。女同士の心理戦はとくに面白かったねー。女には分かるわ、あの状況でのあの戦い。でもプロット自体は、何か先読めちゃう。でもそれよりなにより、映像が美しい!プールのシーンとか綺麗。「007 スカイフォール」の上海のビルシーン並みに綺麗。このプールのシーンもトムクルは頑張ってるよ。50歳には決して見えない!50歳だけど、トムクルなら抱かれてもいいかなって思ったよ(超上から)。っていうか、50歳と聞くと私より若い20代の人なんて、余計に上から目線になるでしょ?「ロック・オブ・エイジズ」でも思ったけど、その魅力は凄いのよねー。

モーガン・フリーマンも同じなのよ。さすがに抱かれたいとかは思わないけど、あんな絶望的な状態でトムクルしか頼る人が居ないのに、なにその男の余裕は!というカッコイイ魅力ね。もう最後とか滅茶苦茶カッコ良かった。覚悟決めちゃって余裕な男。もう最高!

という訳で、トムクルとモーガン・フリーマンあっての映画でした。後は、美しい映像ね。トムクル・チームのハイテクで美しい白vsフリーマン・チームのウォーター・ヒルとかリドリー・スコットみたいなゴツゴツした荒削りな黒。色んな「vs(対決)」が見られるよ!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:4/19/13:劇場にて鑑賞)