SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Blood Diamond / ブラッド・ダイヤモンド (2006)

Cast >> Leonardo DiCaprio (Danny Archer), Djimon Hounsou (Solomon Vandy), Jennifer Connelly (Maddy Bowen), Kagiso Kuypers (Dia Vandy) ...
Director >> Edward Zwick
Writer >> Charles Leavitt
Producer >> Marshall Herskovitz, Graham King, Paula Weinstein, Edward Zwick
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 3 Music >> 4

"That diamond is my ticket out of this God forsaken continent"
1999年シエラレオネにて漁師であるソロモン(ジャイモン・ハーンスゥ)と、息子ディアが学校帰り道に出会った。その時に反政府軍RUFが彼らの村を襲い、ソロモンは何とか妻と娘と息子を逃がす事に成功したが、ソロモンが捕まり、働き手としてダイアモンド鉱山に送られる事になった。そのお金がRUFの資金となっていた。そこに上陸したのが、ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)だった。RUFのリーダーからダイアモンドを受け取り、リベリアへ密輸しようとした所で捕まる。その時ダイアモンド鉱山では、ソロモンが大きなダイアモンドの原石を見つける。こっそり自分の物にしようとした所でポイゾン大尉(デビット・ヘアウッド)に見つかるも、ちょうど反政府軍が攻撃し、原石をその近くに埋めて隠した。そこに居た者がみな刑務所に入れられて、ポイズン大尉からソロモンは責められた。そこに偶然居たのがアーチャーで、ソロモンを釈放してその原石を探そうとするが...

アフリカで起きていた紛争ダイアモンドの問題をアクションと共に提起する社会派スリラー作品。これ見て改めて思ったのは、やっぱりレオナルド・ディカプリオってカッコいいんだなって事。ローデシアジンバブエ)出身のダニー・アーチャーを、アフリカに居る白人訛りで演じていた。あくまでも現実を追求する演技を試みる人なんだと思った。そしてこういう問題を自分の映画で提起していくのも好きなんでしょう。そしてやはりロマンチックな人「また別の人生で出会えたら、もしかしたらね」という台詞にキュンとなった。いやこの映画ではそうなるべきじゃないのかもしれないけれど。そういう中にアフリカでの少年兵の問題や、この映画の最大の問題である紛争ダイアモンドについて描かれていて、違和感もなく演出されている。ただ悪い奴等が、大音量でラップ聞いているという描写に、ウンザリではある。そしてこんな熱い映画だったのに、最後の締めが弱い。もう一押し熱い物が欲しかった。

でもやっぱりエドワード・ズウィックらしい映画だと思った。黒人への配慮は彼らを善と悪で極端に分けて描き、善を甘く描く。現実味がない分、甘いラストは感じる物がなかった。

(1/30/13:DVDにて鑑賞)