SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

G.I. Joe: Retaliation / G.I.ジョー バック2リベンジ (2013) 1102本目

いやー、キビシイ!何がって、キャスティングですよ。前作は失敗作とレッテルを貼られていて、そのせいでマーロン・ウェイアンズが最初から出ない事は知っていたけれど、チャニング・テイタムは堂々主役で残ると思ってましたよー。いやー、キビシイ!今回の主役は完全にザ・ロック様でしたね。あんな風になるとは思わなかったー。ザ・ロック様は、今じゃ「続編成功請負人」みたいに言われている。ちょっと下降気味だった「Fast Five / ワイルド・スピード MEGA MAX (2011)」をヒットさせ成功させたからね。なのでこの映画も請け負ったんだと思う。確かにザ・ロック様が加わった事で、前回全くなかったアクションの基本でもあるマッチョイズムが増えたのは確か!迫力あるアクションがザ・ロック様のお陰で倍増していた。というか、ザ・ロック様のルックスが理想的な特殊部隊の軍人。あんな人が居たら、確実にアメリカ軍は安泰だと思われ、国民も安心する。ビンラディンだろうが、北朝鮮の2ブロックの若造(ってか、あいつまさかのEmoなの?)だろうが、Just Bring it!!ジャブローニである。

まあ今回の見所は、スネークアイズ役レイ・パークの崖でのロープのアクションシーン。あれは圧巻ですわ。ハラハラドキドキ感とか高揚感とか最高。もうスネークアイズ5割、ザ・ロック様のジャブローニアクション5割でいいんじゃね?と思ったんだけど、さすがにそうはいかないらしい。新しいキャラクターのジェーンの女スパイ作戦みたいなのもあったり、後はなぜか前作から引き続き出ているイ・ビョンホンの上半身見せたがりアクションとかもある。忍者のくせに、正体ばらすのが好きらしい。絶対に外さないマスクマンのスネークアイズとは大違い。いちよう白いマスクみたいのを被るシーンがあるんだけど、すぐ外しちゃうからね。そしてフリント役の人も印象薄い!女性には奥手キャラとか意味不明で面白くない!ジェーンは綺麗だったけど、おでこのぷっちを押したくなる。

まー、笑ったのがRZAね。完全に「The Man with the Iron Fist / アイアン・フィスト (2012)」モードのまま!「シャペル・ショー」で、アジア人にトレードされたウータン・クランだけど、完全にトレードされたまま!今回の役は日本人でしょ!笑った。でもRZAの役は割りとこの映画のプロットに絡んできますわよ。出番はあんまり無いのが残念ですけど!!

とはいえ、あの「続編成功請負人」のザ・ロック様でも、この作品までは救えなかったかなー。いやでもアクションシーンとかは前回と比べて良い。それなりに楽しめる映画ではある。でもまたお金払って見るか?と聞かれたら、答えは...Shut your mouth!!はい、もう完全に「レッスルマニア29」モードです!!あーでもPPVかぁーーー!!この日だけは、某所に戻りたい!!2ブロックに狙われている某所は、WWEの好意で特別に無料なのよ。WWEアメリカ軍にフレンドリーなのよ。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3点/5点満点中:3/29/13:劇場にて鑑賞)