SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Bamako / 日本未公開 (2006)

Cast >> Aissa Maiga (Mele), Tiecoura Traore (Chaka), Maimouna Helene Diarra (Saramba), Balla Habib Dembele (Falai), Danny Glover (Cow-boy), Elia Suleiman (Cow-boy), Abderrahmane Sissako (Cow-boy) ...
Director >> Abderrahmane Sissako
Writer >> Abderrahmane Sissako
Producer >> Abderrahmane Sissako, Denis Freyd, Danny Glover (executive producer) ...
Genre >> Drama
Country >> Mali

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 4 演出 >> 5 音楽 >> 5

"Enough Suffering!"
マリの首都バマコ。人々が共同で生活している住居の野外広場で、大事な裁判も行われていた。植民地時代から続く世界銀行国際通貨基金IMF)の腐敗は、多くのアフリカの国々を貧困に陥れた事を、双方から議論していた。しかし、そんな裁判が行われている所に住むメレ(アイッサ・マイガ)とシャカ(ティコウラ・トラオレ)夫婦には亀裂が生じ、別れそうな雰囲気であった。メレはシンガーとしてクラブなどで歌っていたが、シャカは仕事がなく無職であった。難しい問題を話し合う裁判の行方、そしてアフリカの今後、更にはメレとシャカはどうなっていくのか...

この映画を一言で語るなら「ユニーク」である。この作品には唯一無二の存在で、不思議な面白さを持っている。あの場所で大事な裁判が行われている理由も分からないし、いきなりダニー・グローバー主演の西部劇が始まるのも唐突で面白い。もうとにかく分からない事だらけで、正直かなり取っ付きにくいし理解も難しい映画である事は間違いないのだけど、最後にいきなりエンディングがやってくる不思議な感じ。とにかく難しい!が、そのエンディングには納得してしまう不思議な魅力を持っている。裁判では、アフリカが抱える問題点が数多く率直に語られている。若干、その部分は長い気もするが、色んな人が色んな問題を鋭く語っている。しかもその中にも突然歌うおじさんが出てきて、これまた不思議さを醸し出しているが、何かその熱で聴いてしまうのだ。

ここで何回「不思議」と書いたか分からないが、このユニークな作品は不思議なのは間違いない。そして分かったような?分からないような?でも不思議な魅力に溢れているのも間違いない。ヘンな癖のある作品だ。

(1/23/15:DVDにて鑑賞)