SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" The Best That Never Was / 日本未公開 (2010)

Cast >> Marcus Dupree, Barry Switzer
Director >> Jonathan Hock
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 4

Heartache but inspire real fear
他の学生よりも一回り大きかったマーカス・デュプリー。彼が生まれ育った所は、公民権運動中に3人の活動家が殺されたミシシッピーの小さな町だった。そこで彼はフットボールのスーパースターとして活躍するが…

マーカス・デュプリーというフットボール選手の名前を知る日本人は皆無に等しい。しかし彼は高校フットボールのスーパースターだった。数々の記録を残している。その高校時代の試合を見る限り、絶頂期のジム・ブラウンを思い出させる程の、いやそれ以上のポテンシャルを持ったプレーぶりが見られる。彼が生まれ育ったのはミシシッピー州フィラデルフィアという町。公民権運動中に3人の若い運動家達が殺された、人種隔離された悪名高い町。その町で人種融合が行われたばかりのフィラデルフィア高校に通ったデュプリー。彼の凄まじい活躍は、その人種融合に一役かった。白人も黒人も心からデュプリーの活躍を応援し励みとしていたのだった。そのデュプリーを欲しがる大学のコーチ達。多くの人は地元ミシシッピー大学での活躍を期待していたが、バリー・スウィッラー率いる名門オクラホマ大学に進む。スウィッラーの執拗な勧誘があったからだった。しかし、デュプリーはスウィッラーの元で思うように結果が出せずに居た。スウィッラーもそのデュプリーに対して、どう接していいのか分からず、冷たくあしらった。結果、デュプリーは大学を去ってしまうのだった… その後は転落していく。NFL入りは当たり前の筈だったが、大学を去った事ですぐにNFL入りは出来ず、別のリーグUSFLに入らなければならなかった。彼がNFL入りしたのは、26歳の時だった。しかも2年しか在籍していない。現在はトラックドライバーをし、そしてオイルで汚れたミシシッピーの湾岸を清掃している。

全ての事情を見せ付けられた後、やっぱり無念という言葉しか浮かばない。才能がありながらも、適応出来ずに去っていく者は数多く居る。彼もその一人にしかすぎない。確かに彼にも間違いがあった。全てが人のせいではない。確かに大学コーチの強欲は常軌を逸している。でもたった一つの選択ミスが、人生を狂わせてしまう。その恐ろしさを見て学ぶ、スポーツ精神とは何か、夢とは何か、人生とは何か。

(8/11/12:TVにて鑑賞)