SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Juan of the Dead / ゾンビ革命 フアン・オブ・ザ・デッド (2011) 1051本目

Netflixで一番にしているのに、しかも借り出されてないのに、なぜか中々送ってくれなかった。場所が変わったら、即効で送ってくれて観れました。映画秘宝で広告見てから気になってたんだよね。キューバとゾンビって全く結びつかないもの。

でも調べたらキューバも土葬だそうだ。って事は、ゾンビはあり!なぜかキューバの首都ハバナでゾンビが急激に増えちゃった。無職のファンは、これまたどーしようもない1人エッチばっかりの親友のラサロと屋上暮らし。しかもラサロには、全然似てないイケメンの息子カリフォルニアがいる。このカリフォルニアも10代の頃は麻薬中毒者というどーしようもない若者。そしてファン自身にも、これまた全然似てない美人の娘カミーラが居る。仕事もしてないお父さんのファンを蔑んでいる。ちなみにカミーラのお母さんでファンの妻は、既にファンを見限ってアメリカに逃げている。娘もお母さんを追うつもり。そんな時に、ハバナでゾンビが大量発生。これまたそれがなぜ大量発生したのか描かれていないのが面白い。本当に突然やってきた。なんの事か分らずに、最初は反体制派か吸血鬼がやってきたと思い込んでいるから、これまた喜劇。そしてファンはこれまたどーしようもないから、この事態をビジネスにしちゃう。ゾンビ化した愛する家族を殺せずにいる人達の為に、代行で殺しちゃうというビジネス。娘も呆れ顔。

コントがしっかりしていて、オチも見事。力を抜いてない所が、ハリウッドとは違う。全力投球な所がドリフぽい。「キューバってこんなアホぽい事もするんだ!」って驚きもあった。せっかくの綺麗な海の風景とかも、ゾンビが見事に汚しているのも面白い。そしてキューバは共和国だから、政治的な事もチラっと覗かせるよね。全編アホかっていうと、そうでもない。ファンと愉快な仲間達は、最初はゾンビと分らず、アメリカ側の反体制派が町を襲っていると思ってたからね。

ファンさんは、「Do the Right Thing / ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)」等で御なじみのジョン・タトゥーロにそっくり。っていうか、ファンさんが一番ゾンビ顔だよね。

と思ってたらさ、最後に意外と泣かせる。お、ファン、やっぱりカッコいいじゃんと思っていると、アニメ映像に切り替わり。そこで奴等が… 思わず泣いたね。

パンクなんだよね。最初はキューバらしいラテンリズムの曲が多いんだけど、最後の曲といい、仕事していないファンとラサロといい、パンク!カストロに喧嘩売ってるよね。

オフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:11/12/12:DVDにて鑑賞)