SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Footloose / 日本未公開 (2011) 921本目

人にはそれぞれ思い出の映画があると思う。映画好きになると、その思い出の作品が節目節目にあって、歳をとる毎にどんどんと増えていく。私は残念ながら、一番最初に見た映画というのを全く覚えていないが、ビデオデッキが我が家に導入された時に始めて見たビデオ作品が忘れられずに居る。兄が自転車で30分掛けて借りてきた映画。それが「フットルース」だった。この一本で私はアメリカに憧れた。主演を演じたケビン・ベーコンは憧れのアメリカ人第1号になったです。当時、まだレンタル料1本1000円(多分1泊)。いちよう都会に住んでいたけれど、まだまだレンタルビデオ店は近所に無く、ずいぶんと遠い所にあった。「フットルース」の次に節目となった作品が「スタンド・バイ・ミー」。中学生か高校生だったけど、お小遣いを貯めて買ったビデオが19800円。それでも買ったのは発売してからだいぶ後だったと思う。今みたいにDVDで一本1000円で買える時代ではなかったのです。そのせいか、今でも私は映画はお金持ちの娯楽だと思っています。そういう余裕のある人が楽しめる芸術品。

で、未だにケビン・ベーコンが悪役で出ていても、私の心の中ではレン・マコーミック。白いTシャツにタイトなブルージーンズです。で、レンタルがようやく1本450円になった辺りで見た「13日の金曜日」のケビン・ベーコンにショックを受けた訳ですよ。「アニマルハウス」のチョイ役を見つけたりね。そして高校辺りでレンタルビデオが大繁盛したせいか、1本280円なんていう時代に突入したっけ。色々見た。ケニー・ロギンスのあの曲を聴くと今でもあの頃に戻ってしまう。だから、あのマックのテキサスバーガーのCMは嫌だった。私の青春ですから。

と、こんなに思い入れがあるので、正直、この映画は茶々を入れるつもりで見に行った。フットルース好きのこの私がリメイクとやらを、見てあげようじゃーないの!位な上から目線で行きました。オリジナルの細部を覚えているので、ミスれば即効チェック入れるぞ!って。所がさ、結構楽しんでしまいましたよ。まあでも主役の2人は全然魅力的じゃない。やっぱりケビン・ベーコンロリ・シンガー(についても語りたい!)がベスト。いや、ルックスで言えば、多分このリメイクの2人の方が見栄えはいいかもしれない。でも10代そこそこの私があの2人を見て憧れるかな?と言ったら、やっぱり憧れないだろうな...と。でも内容は割りと忠実にオリジナルに沿っているんだけど、今の時代も反映している所もあってバランスが良い。オリジナルには居なかった黒人とかヒスパニックの姿もあるのは、絶対に監督のクレイグ・ブリュワーの意向。わざとらしくないのが良い。うるさいから入れましたよ!的では絶対に無い。

しかしなんでシカゴ出身のレン・マコーミックが、今回はボストン出身なんだろう?と思ったら、今回レンを演じた俳優がボストン出身なんですね。なるほど。舞台も中西部から、南部のジョージアに変更。でも架空の町ボーモントというのは変わらない。変わった所と変わらない所が、良い感じなのです。オリジナルファン思いな映画。愛の感じられるリメイク作品。

オリジナルでケビン・ベーコンロリ・シンガーの次に好きだったのが、クリス・ペン(R.I.P)演じたダンスの踊れない男の子ウィラード。まだまだ痩せていて、マイケル・ラパポートにそっくりだった頃。田舎少年の純粋さをストレートに演じてましたよね。今回ウィラードを演じた男の子も中々魅力的。クリス・ペンには全く似ていないけれど...ジョン・キューザックにそっくりじゃないか!!話し方とか声とかまで!!という事で、彼で「シュア・シング」リメイクちゃいなよ!

こんなの見つけた。↓

ここまで完璧に決まっているという事は、DJ UNKとプロデュースの人達はオリジナルのフットルース見て曲書いたに違いない!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:劇場にて鑑賞)