SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Raisin in the Sun / 日本未公開 (2008) (TV) 124本目

楽しみにしていた作品です。元々が舞台という事もあります。舞台はもちろん舞台なりの素晴らしさがあるのですが、でも舞台は限られた人しか見られないですからね。こうやって映画になるのは嬉しい事です。なによりも元になっているローレイン・ハンスベリーの戯曲が素晴らしいので、それをどのように新しい演者が演じるのか楽しみでした。ママ役のフィリシア・ラシャドがトニー賞に受賞しているのも期待させた要因。

オリジナルの「A Raisin in the Sun / レーズン・イン・ザ・サン (1961)」があります。シドニー・ポワチエとルビー・ディの代表作でもあります。元の舞台とほぼ同じオリジナルキャストでの映画化でした。舞台に似た映画の作り方で、多くのシーンはシカゴのアパートの一室という密室ドラマでもありました。今回は、もちろんアパートの一室がメインとなりますが、もっと色々と舞台を変えて物語は進みます。そういう演出は素晴らしかったと思います。それによりもっと話が分かり易い方向に膨らんだようにも思いました。
後、元の戯曲のいい部分も残っていたと感じました。息子がパパからお金を貰って「ホットドック!」と叫ぶシーンがあるのですが、それが残っていたのが興味深いです。当時の子供達の流行言葉だったんでしょうか?

でもやはりリメイクとなるとオリジナルと比べられてしまうのが宿命。名優であるシドニー・ポワチエと演技のプロではないショーン・コムズを比べてしまうのは、いささか可哀想な気もするが... こればかりは仕方がない。でもウォルターという大人になりきれていない自己中心型の男っていう部分では、ポワチエよりもコムズの方が説得力はあった。でもドラマが進んでウォルターが成長を見せる所ではやはりポワチエには敵わない。ルビー・ディが演じたルースは、非常に忍耐強い。けれど家を買ったと聞いた時のあのはしゃぎ方が印象的であり、人間らしさがあった。オードラ・マクドナルドの演じたルースも忍耐強いのだけど、良く泣くのが気になった。一番心配していたのが、サーナ・レイサンのベニーサ役。ベニーサはとにかく明るい役。レイサンには明るいっていうイメージ無いし... あと... ジョン・ステイモスは好きな俳優さんだけれど、この役にはミスキャストだったかな??無理やり町の人たちに押し付けられて来た人感が無かった。暗そうで弱そうなイメージとは、逆の人ですし... カッコよすぎるんですよ、この役には。
オリジナルに負けてなかったのが、やはりママ役のフィリシア・ラシャド。オリジナルのクローディア・マクニールは、その体格もあって家長としての風格があった。ラシャドは、体格の弱点を感じさせない堂々とした風格がありました。そして優しさもね。後、アサガイを演じたのが「ラストキング・オブ・スコットランド」でも好演していたデヴィッド・オイェロウォもいい。オリジナルでは、私が大好きなアイヴァン・ディクソンが演じていた。ナイジェリアから来たという異国的な色気に加えて、知的な雰囲気。2人共に何となく似ている。

ちなみにこのテレビ放映はかなりの視聴率を稼いだようで、放送したABCも喜んでいるらしいです。でも3時間は長かったし、CMが多すぎたぞ!

元が良いから、何度でも見れるのかなーとも思いました。でもリメイクとしてほぼ合格じゃないでしょうか?ちなみに監督したのがアトランタで舞台監督していたケニー・レオンです。これから舞台に映画にと活躍してくれるのでしょうか?楽しみ。

感想はこちら

(4.75点/5点満点中:TV放映にて鑑賞)