SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Def by Temptation / テンプテーション (1990) 846本目

駄作には2種類あって、愛すべき駄作とダメな駄作がある。愛すべき駄作っていうのは、オスカー会員が喜ぶような芸術的な作品でも内容でも無いけれど、どうも観客を惹き付けてしまう作品の事。ダメな駄作は、何でこんな事にお金使ったの?という位、努力も知恵も映画への愛も何もない作品。この映画は完全に愛すべき駄作の一級品。もう、最低なんだ。シーンのつなぎ目の暗転は終わってしまったのかと思うほど長いし、ガンマイクは見切れちゃってるしね。でもこれ、あのアーネスト・ディッカーソンが撮影技師として携わった作品。なので、それ以外は良いんだ。上手いんだ。シルエットの使い方とか、テレビに人が引きづり込まれていくシーンとか最高よ。

ちなみに女バンパイア映画。しかも「Abby / アビィ (1974)」とか、この前の「Spirit Lost / 日本未公開 (1997)」みたいに性にとり憑かれています。綺麗な女性が性にとり憑かれているというのは、男性のファンタジーなんだろうねー。ファンタジーって事は、実際にはそうそう存在しないという事だよ、男性諸君!!ちなみに邦題は最初は「テンプテーション」だったけど、後に「サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア」となっているらしい。アメリカのDVDとかもあたかもサミュエルが主役のようなパッケージ。でも、主役のパパ役で、5分も出てたかなーという程度。ジェームス・ボンド3世が主役で監督もしている。って書くと彼の名前に反応する人がいるかもね。っていうか、彼の方がオリジナルのジェームス・ボンドですから。だって3世って事は彼の家族では3代続いてるんですよ。しかも天才名子役。「The Sky Is Gray / 日本未公開 (1980)」とか出てるし、アメリカではTVシリーズで有名。この映画に参加している俳優の殆どが、当時は彼より無名だったのですよ。サミュエルもしかり、カーディム・ハーディソンやビル・ナンだって!!有名だったのはフレディ・ジャクソン、メルバ・ムーア、ナジーのミュージシャン組みの方でしょうか。

アーネスト・ディッカーソンやサミュエルやビル・ナンの名前で、何となーーくスパイク・リーの名前が浮かんだ人は、もうブラックムービーの虜の人だね。実はこの映画はスパイク・リーの作品を撮影中にアイデアが出て、作られた作品。アーネスト・ディッカーソンは「She's Gotta Have It / シーズ・ガッタ・ハヴ・イット (1986)」の時と言っていたけど、多分出演者や年代から察するに「School Daze / スクール・デイズ (1988)」の時だと思う。その「スクール・デイズ」の主役ローレンス・フィッシュバーンは出ていないけれど、彼の当時の彼女で後に妻となる(その後離婚)女性がプロデューサーとして参加していて、女バンパイアの住家は彼女のブルックリンのアパートで撮影していたとの事。しかもフィッシュバーンは制作費の一部を出してるらしい。そしてオシー・デイビスは出てないけれど、息子のガイ・デイビスを送りこんでいる。ガイは「Beat Street / ビート・ストリート (1984)」の主役ね。そしてスパイクの「She's Gotta Have It / シーズ・ガッタ・ハヴ・イット (1986)」に出ていたジョン・カナダ・テレルとか出てるし、ビル・ナンは「School Daze / スクール・デイズ (1988)」にも出てるし、「Do the Right Thing / ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)」のラジオ・ラヒームで有名。ディッカーソンはこの映画の事を「She's Gotta Have It / シーズ・ガッタ・ハヴ・イット (1986)」のスピリットを受け継いでいるんだ!と語っていた。にしては、駄作なのだけど、その辺の駄作とは一味違う愛のある駄作。悪い男に惹かれちゃう感覚と一緒かな...

ちなみにロイド・カウフマンもこの悪い男に惹かれてしまい、トロマからDVDが出てます。カウフマンも長い事ボーナス映像で語ってます。

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)