SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

サミュエル・L・ジャクソン、アンソニー・マッキー、イドリス・エルバ

今年のオスカーに黒人俳優の姿がなかった事は口がすっぱくなる程書きました(あ、表現違うけど、意味通じますよね?)が、それについて本人達であるサミュエル・L・ジャクソンアンソニー・マッキー、そしてイドリス・エルバが語った。
まずサミュエル・L・ジャクソンはTMZのインタビューで「きっと我々(黒人俳優)があの日にプレゼンターとして参加する時間がないとは彼ら(オスカー側)が思ってないとは感じる...けど、大きな事じゃないよ。願わくば良くなると思う、次はこんな事起きないよ。でも我々は町で働いているんだ、彼らは我々が誰だか分かってる。我々が街でこのビジネスで活躍する有色人種を代表して、あのショーに参加出来た事も彼らは知っていたさ。願うは、もうそういうミスはしてもらいたくないね」と語っている。

またイドリス・エルバは「ハリ・ベリーと私だけが、今年のゴールデン・グローブ賞にノミネートされたんだ。オスカーは我々のために作られた物じゃないんだ。映画をもっと作る事に集中しよう!」と語っている。

アンソニー・マッキーイドリス・エルバと同じように「黒人俳優達は今、何と言うかこの現場で怠惰だと思うんだ。配給契約や制作会社契約を十分にブラザー達にはあるんだ、我々は我々の映画を作るべきなんだ」と語った。

Samuel Jackson, Anthony Mackie And Idris Elba Blast The Oscar's "White-Out" | The Young, Black, and Fabulous®

どうですかね?私は彼らが怠惰とは思わない。映画の数が少ない訳でもない。でも大手の会社が作るような映画数が少ないのは確か。いい作品があってもインディだったりする事が多かった。ハリ・ベリーのもそうだったし。彼女のは最後に無理やりねじ込もうとして失敗した。大作でもインディでもない、オスカー会員の好きそうな作品が全く無かった。彼らが好きそうな映画には黒人俳優は出てなかったし。今年はチャンスが無かったかなーとは思う。サムエルが言う通り、実はこんな事が起きないようにして貰いたい!