SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black Panther / 日本未公開 (2010) (TV) 箸休めの一本

TVシリーズなので、100本映画の本数には含みませんが、ご紹介。BETで放送されたアニメシリーズ「Black Panther」が全6エピソードを収録し、DVDとなってアメリカで発売された。マーベル・コミックのキャラクターの一つを、「House Party / ハウス・パーティ (1990)」等で知られるレジナルド・ハドリンが制作。ハドリンはBETの社長にもなった事があるので、その地位を使い、BETで制作したのです。ちなみにハドリンは以前にコメディアンのロビン・ハリスのネタをアニメにした「Robin Harris' Bebe's Kids / ベベズ・キッズ/俺たちラップが子守歌 (1993)」というアニメも制作している。この作品は30代・40代の黒人だったら知らない人は居ないという程有名。なので、割りとアニメにも精通している所はあると思う。

物語はアフリカの架空の国ワカンダ。そこを統一していたのがトーナメントで勝ち抜いたブラックパンサー。ワカンダは繁栄していたが、それ故に他国から植民地化するべく狙われていた国もあった。現代、狙っているのがアメリカ。コンドリーザ・ライスみたいな女性の米司令官ドンティ・リースが虎視眈々と計画。ワカンダの王族と因縁のあるクロウが、ワカンダ襲撃のための悪役軍団を作っていくのです。

ブラックパンサーの声を担当したのが、Djimon Hounsou (ジャイモン・ハーンスゥ)。ぴったりでしたね。ハーンスゥ自体が、あのようなしなやかな動きとか出来そうですし、アフリカの戦士といったら彼が一番ぴったりだと思う。王族の娘を演じたのがケリー・ワシントン。「The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)」みたいにアフリカ訛りを駆使してましたが、やっぱり普通のアメリカ訛りになっちゃう所もあったりして。でも王族の娘役にぴったり。この子が勝気で面白い。アルフレ・ウッダードが凄いんですよ!先に書いたコンドリーザ・ライスみたいな政府長官と、王族の母の二役。全く別人で別人格の女性二人を演じ分けてました。さすが、ベテラン。歌姫ジル・スコットが、ストーム。実写ではさすがにハリ・ベリーの印象が強いストームは演じられないと思いますが、声は超セクシーなのでストームにピッタリでした。

マーベル・コミックの様々なキャラクターが参加してきます(男梅キャンディのCMのキャラみたいのまで居た)。それに加えて、コンドリーザ・ライスみたいなキャラとか、イディ・アミンみたいなキャラとか出てきて、現実と交差。そういうマーベルらしい所はあって面白かったかなーと思いますが、全体的には普通かな。キャラが多すぎで、やっと把握してきた所で終わってしまった感じ。シリーズ番組の第1シーズンでは、どうもそうなりがちだけど、そこを苦痛に思わせない面白さが無かったんですよね。残念。やっと全部が分るエピソード6だけやたと面白い。

日本でも廉価で輸入版のDVDが発売しているみたい。っていうか、円高だから私が買った価格より日本円で買うほうが安いじゃないですか...(涙)

実はアフリカを舞台にしたアニメがもう1作ある。こちらは私はまだ未見。「African Tales」というタイトルのなんとアフリカ産の3Dアニメなのです!