SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

District 9 / 第9地区 (2009)

Cast >> Sharlto Copley (Wikus Van De Merwe), Jason Cope (Grey Bradnam - UKNR Chief Correspondent / Christopher Johnson), David James (Colonel Koobus Venter), Eugene Khumbanyiwa (Obesandjo), Louis Minnaar (Piet Smit), Mandla Gaduka (Fundiswa Mhlanga), Vanessa Haywood (Tania Smit), Robert Hobbs (Ross Pienaar), Kenneth Nkosi (Thomas) ...
Director >> Neill Blomkamp
Writer >> Neill Blomkamp, Terri Tatchell
Producer >> Peter Jackson, Carolynne Cunningham
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Go prawning, who's the alien now? Superb!!
南アフリカヨハネスブルク上空に大きな宇宙船が現れた。宇宙船は故障して動かなくなり、宇宙船から降りてきた「彼等」は「第9地区」で生活すること28年。彼等はその容姿から海老と呼ばれるようになった。その間に第9地区はスラム化してきたので、超国家機関MUNは彼等を強制収容すべく第10地区に移すため、ヴィカス(シャールト・コプリー)をその最高責任者に任命した。立ち退きを通達している時に、海老のクリストファー(ジェイソン・コープ)が開発した謎の液体を浴びてしまい...

絶妙なSF作品。南アフリカヨハネスブルクという設定や、海老に似た宇宙人、ナイジェリアのギャングに、気の弱そうな主人公。ハリウッドの作品では絶対にありえなかった設定の数々がこの映画の絶妙さを引き立てている。エイリアンたちに立ち退きを要求しに行く場面は、笑わずには居られない。これまたシャールト・コプリーがその男を絶妙に冴えない男を演じている。そして体が変化していく途中で、彼自身も変化していくのが絶妙に上手い。アフリカの移民者達が他の国で移民(エイリアン)として生活していく中で、フランスのようにスラム化していく場合がある。その状況を裏手にとった形で表現されているのも絶妙。いつの間にか観客達も偏見に満ちた人間の方が敵になっているのに気がつくだろう。

絶妙な物語が絶妙な演技と絶妙な演出によって最高のSF作品となった。

(12/7/10:ブルーレイにて鑑賞)