SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Takers / 日本未公開 (2010)

Cast >> Michael Ealy (Jake Attica), Chris Brown (Jessie Attica), T.I. (Ghost), Idris Elba (Gordon Cozier), Hayden Christensen (A.J.), Paul Walker (John Rahway), Matt Dillon (Jack Welles), Jay Hernandez (Eddie Hatcher), Zoe Saldana (Lily), Marianne Jean-Baptiste (Naomi), Steve Harris (Lt. Carver), Glynn Turman (Chief Detective Duncan), Nicholas Turturro (Franco Dalia) ...
Director >> John Luessenhop
Writer >> Peter Allen, Gabriel Casseus, John Luessenhop, Avery Duff
Producer >> William Packer, Gabriel Casseus, T.I. ...

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 4

They are my heart takers.
刑事のジャック(マット・ディロン)とエディ(ジェイ・ヘルナンデス)の2人は強盗を追いLAのアパートに踏み込んだが、エディが追いかけた犯人は逃げてしまった。その頃、ゴードン(イドリス・エルバ)、ジョン(ポール・ウォーカー)、ジェイク(マイケル・イーリー)、ジェシー(クリス・ブラウン)、A.J.(ヘイデン・クリステンセン)の5人は連邦銀行から易々と大金を盗んだ。ジャックとエディは捜査に乗り出すが中々上手く進まなかった。そんな中、強盗を成功させた5人の前にゴースト(T.I.)が現れた。ゴーストは5年前仲間だったが、1人だけ捕まり刑務所に入っていたのだった。そしてジェイクのフィアンセとなったリリー(ゾーイ・サルダーニャ)はゴーストの元恋人だった。しかしゴーストはある強盗計画を、昔のように6人で成功させたいと話を持ちかけたのだった...

見所の沢山あるアクションクライムストーリー。最近なぜかこの手のストーリーが多いが、その中でも主演者が全員カッコイイので、それを見ているだけでも面白い飛びぬけた娯楽映画である。「Brooklyn's Finest / クロッシング (2009)」がNYを舞台のゴツゴツした90年代を思わせる台詞や曲が魅力的な耳で聞く作品なら、こちらはLAが舞台のスタイリッシュで出演者は派手なアクション等で目で楽しむ作品。
ただ一番俳優経験の無いであろうT.I.がこの映画の中で一番難しい役を演じたのが残念でならない。悪くはないが、もしあの役を俳優経験豊富なプロが演じたら、この映画はもっと面白くなっていたとは思う。またラストが釈然とせず物語全体を弱めたので勿体無いように感じる。

とにかくスクリーンを見ているのが楽しくて仕方なくて釘付けになる。映画の中では「俺達は奪う男達(Takers)なんだ。奪うしかないだろう」なんていう台詞がある。スクリーンで彼らの姿が流されている間、私の心も彼らに奪われぱなしであった。

(10/31/10:劇場にて鑑賞)