SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Takersのプレミア

Takers / テイカーズ (2010)」は割りと楽しみ。男前俳優が揃っているのもその理由の一つだけど、監督が以前に作った「Lockdown / ロックダウン (2000)」がツボだった事もあるし、なんといってもあのGabriel Casseus (ガブリエル・カシアス)が脚本を書いた事もある。そのプレミアが先日Ustreamで公開されていたので、ずっと見ていた。BETの106&Parkのテレンスが司会をしていた。レッドカーペットの後には映画にも出演しているT.I.とクリス・ブラウンがライブもしたそうだ。それは「笑っていいとも」を見たので見逃した。レッドカーペットでは、テレンスは女性ゲストには必ず「この映画の出演者の中で、今日会えるのを楽しみにしているのだは誰?」という質問をしていた。頭のいい子は「みんなよ!」をお茶を濁したが、カーメロ・アンソニーと結婚したばかりのララ・バスケスとか若い子はみな「マイケル・イーリーよ!」と答えていた。さすが以前はハリ・ベリーをも落とした男だけあるモテ男だ。という私も、ツイッターはマイケル・イーリー仕様にしてしまった。罪な男だぜブラッドリー・クーパーはダメだけど、マイケル・イーリーだったら「ハロー」の一言で落ちる自身はある!
映画には出てないがマイケル・ジェイ・ホワイトもレッドカーペットに登場。ガブリエル・カソーズとは仲がいいらしく、何年も前にニューヨークでこの映画の構想について聞いていたので、作品が完成して嬉しいと答えていた。また自身の監督2作目次のプロジェクトになる作品についても発言。こちらは後日。終始笑顔。そのガブリエル・カソーズも脚本家・制作者としてプレミアに参加。嬉しそうでしたね。

それにしても、クリス・ブラウンの人気の凄さに圧倒されました。あのリアーナとの事件以降はダメなのかな??と思っていたので、ビックリでした。


プレミアの写真等はTumblrにて