SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Takers / 日本未公開 (2010) 775本目

もう既に色んな所に書いてしまっているけど、つけた点数の割りには面白かった!良い映画ではないけれど確実に面白い映画。そして男前には目がない女子にはタマラナイ映画です!アジア系のカッコイイ男が出てないのが残念な位かなー。マット・ディロンは私が小学校の頃から活躍していて、そんな私がもう公衆の面前では年を言えない位のお年頃になってしまったので、年齢的にはかなりのオヤジだと思うのですが、カッコイイ。いつ年を取るのですか、この人は!!ポール・ウォーカーも相当カッコイイけど、その彼に負けてない位よ。オヤジのいい色気が出てきてますねー。とは言え...やっぱり私的にはMichael Ealy (マイケル・イーリー)ざんしょ!イドリス・エルバに比べると出番が少なかったのが残念。ゾーイ・サルダーニャがイーリーのフィアンセ役。でもゾーイが演じたリリィはT.I.が演じたゴーストの元彼女。ゴーストが戻ってきた時にリリィとゴーストが挨拶するシーンでイーリーが嫉妬した顔がタマラナイのです。元々子犬顔なので、捨てられた子犬のように女の私の母性本能をくすぐる顔をするのです。そしてイーリーの弟役がもう1人の子犬顔クリス・ブラウン。私生活では恋人だったリアーナに暴力とどうしようもない男ですが、この映画ではいい。彼1人「太陽にほえろ」並み...いやそれ以上に走るのです。それが最高の見せ場で面白い。若いしスピード感もあって最高にドキドキ。もう見事な弟を演じております。こんなに弟が似合うのは、Marlon Wayans (マーロン・ウェイアンズ)以来。ヒスパニックからはジェイ・ヘルナンデスが男前代表で登場。この彼も非常に物語に絡んできて良いねー。

この映画はロサンジェルスを舞台にした強盗グループとそれを追う警官達の物語。ちょっと前の「Brooklyn's Finest / クロッシング (2009)」にも似た所があるのだけど、あの作品がブルックリンを舞台にした硬派のゴツゴツした物語で、こちらはLAが舞台の非常にスタイリッシュな物語。あちらが台詞や音楽などの聴覚で楽しむ映画なら、こちらは派手な映像やお洒落なところを視覚で楽しむ映画。もうとにかく見ているのが楽しくなる映画なのです。そして強盗グループと警官達のそれぞれのサブストーリーもあって楽しさが広がっていきます。残念なところがあるとしたら、この映画で一番難しい役ゴーストを演じたT.I.位かな?あの役を「クロッシング」のドン・チードルのような本格派の俳優が演じたら、この映画はもっと風格が出たように思います。でも、そのT.I.もつい先日から11ヶ月の刑務所入り。この映画の役ゴーストと非常に被る部分もあって、11ヵ月後には仲間を...と考えたりしちゃって。T.I.は悪い訳じゃないよ。ただあの役は彼には難しすぎなんじゃないかと。

それにしてもこんな男前映画を日本の女子達が見れないのが非常に可哀相に思います。どうにかしてあげてください!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点:劇場にてタマらなく鑑賞)