SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Empire State / 日本未公開 (2013) (Video) 1166本目

これさ、ザ・ロック様が出ているのになぜかDVDスルー。なんで?なんで??しかも今話題のマイリー・サイラスを振った男リアム・ヘムズワースが主演!って事はザ・ロック様が主役じゃないんです。これには出演を依頼しておいてなんですが...プロデューサーの人も驚いたらしい。ダメもとで当たってみるもんですね!

しかもそのザ・ロック様が出演されていた今夏にアメリカで公開された「Pain and Gain / 日本未公開 (2013)」と同じく実際にアメリカで起きた事件の映画化。「Pain and Gain」は90年代ですが、こちらは80年代のニューヨークのクイーン。でも監督はマイケル・ベイじゃないので、スクリーンからは80年代ぽさは見られなかったかな?そしてザ・ロック様はあちらではアホアホでしたが、こちらでは熱血刑事!映画の良心。うーん、素敵。私もじゃぶろーにされたい!

1982年ニューヨークのクイーン地区(でも撮影はニューオリンズ!)。貧しいギリシャ移民の家庭で生まれ育ったクリス(リアム・ヘムズワース)。家族への「保険」で警察を目指すも、過去(しかもブラック・サバスのコンサート!)が原因で試験に落ちた。更には父親が解雇。仕方なく新聞広告で見つけた「エンパイア警備」で働く事になる。お店から現金等を預かり管理する会社で、ベテランのトニーと組まされ、仕事の事を色々と仕込まれる。クリスはその過程で、この警備会社の警備がずさんな事を知っていく。となると、不埒な気持ちもわいてくる。25000ドル入った袋をまんまと盗む事に成功し、しかも全然バレもしなかった。そんな時に仕事中に襲われトニーが亡くなった。しかも会社はそんなトニーの遺族に誠意を見せてない事を知ってしまう。クリスは親友のエディと会社で預かっているお金を盗む事を考えつく。しかしエディは口が軽かった。クリスの父が働いていたバーのオーナーで、マフィアのボスであるスパイロの手下2人にバラしてしまい、仕方なく4人で強盗する予定だったが...

って書いたから、簡単な強盗だと思うでしょ?それが事実は小説より奇なり。面白い事が起きるんですよー。まさか!ですわ。しかもクリス本人がこの映画の制作にも関わっているので、事件については詳しく描写されている。でもね、やっぱりクリスが美化されているよね。父親のように働いても報われないし、自分も真面目に働こうとしたけど過去の問題のせいでそれが出来なかったという強盗への言い訳。それにもちろん実際はリアム・ヘムズワースのような美形じゃない。普通のおっさん。どちらかというと、クリス・ペン??ニック・タトゥーロ?似。でもさ、映画ではリアム・ヘムズワースでしょ?なんか同情しちゃうんですよ、美形が情けないから。やっぱり顔がいい方が得って事。そして親友のエディがとにかくバカ!もうイライラするレベル!!でもだからこそこの映画面白いんだよね。バカやってくれるから。映画ではダイナーの小間使いをしていたエディだけど、実際には旅行会社を経営する会計士という真面目な仕事をやっていたらしい。しかもエディの父親も盗まれた現金を隠していた罪で捕まっている。でもエディは映画で描かれたようなドジっ子のほうが、平凡な映画を救う訳ですよ。

しかし標的となったこの警備会社は、ずさん。彼らがやらなくても、誰かがやったんじゃないかと思う。しかも上層部は自分達の利益だけ。まあずさんな感じと上層部の欲は、アメリカの企業ぽいかなー。

映画のラストとしての着地点は、「Pain and Gain」の方が数100倍上手い!ので、手放しに褒めちぎれる。こちらは、その犯罪者のおっさんが美化されているので、何か手放しに褒められない。ラストもそのおっさん。強盗された11ミリオンは未だ見つかっていない。おっさんは「消えちゃった」と言っているけど、確実にあのおっさんは知っている筈!!と何か腑に落ちないけれど、映画自体は見ちゃいますな。

しかしなんでマイリー・サイラスはあんな男前の彼氏がいるのに、あんなへんちくりんな事しちゃったんだろう??失ったものは大きいで。ってやっぱり同情させるのが上手いのよ、このリアム・ヘムズワースという美形は!!!なんかちょっと無口で不器用ぽい所も余計に同情させてくれちゃいます。2代目高倉健任命。

感想やあらすじ等はこちら

(3.75点/5点満点中:10/21/13:DVDにて鑑賞)