SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The T.A.M.I. Show / ビート・パレード (1964)

Cast >> The Barbarians, The Beach Boys, Chuck Berry, James Brown and The Famous Flames, Marvin Gaye & The Blossoms, Gerry & The Pacemakers, Lesley Gore Jan and Dean, Billy J. Kramer and The Dakotas, Smokey Robinson and The Miracles, The Rolling Stones, The Supremes
Director >> Steve Binder
Writer >> Steve Binder
Producer >> Bill Sargent
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

A Strong evidence
1964年ロサンジェルスのサンタモニカで行われたティーンの為のコンサートの映像。ジェームス・ブラウン、ザ・スプリームズ、マーヴィン・ゲイチャック・ベリースモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ、ローリング・ストーンズビーチ・ボーイズ等が参加した。

凄い。その一言である。鮮明なモノクロ映像で60年代のティーンの熱狂が伝わってくる素晴らしいコンサート映像である。しかしまだ差別の雰囲気が色濃く残ってはいる。チャック・ベリーが「メイベリーン」を披露すれば、次に出てきた白人のバンドもなぜか同じ「メイベリーン」を披露する。今、元祖の本物の凄い演奏を聞いたばかりなのに... ふと同じ時期に活躍していたリトル・リチャードの自伝映画で同じような描写があった事を思い出し、ブルーになる。でもリチャードの映画同様に元祖の素晴らしさが上回っている断固たる証拠でもある。当時ティーンでこのコンサートを生で会場で見ていたジョン・ランディス監督の言葉が一番全てを上手く言い表していると思う。「あの時のジェームス・ブラウンが凄すぎなんだ。次に出たストーンズが可哀想な位さ。あの時みんなずっとJBを見ていたかったんだ」

当時はたんなるティーン向けのコンサート映像かもしれなかった。才能が差別に勝った瞬間。そんな証拠映像でもある。

(10/6/10:DVDにて鑑賞)