SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Detonator / デトネーター (2006) (Video) 774本目

この後に見た2本が面白かったので、今になってこの映画を見た事を後悔してます。なんでこれ見ちゃったんだろう?この次の作品を一日も早く紹介したいのに... とすら思ってます。ごめんね、ウエスナ。この映画はいかにもウェズリー・スナイプス映画!であって、それ以上でもないしそれ以下でもないね。近年のビデオスルーとなってしまうウエスナ映画の王道中の王道。舞台をルーマニアに移しただけ。でもせっかくルーマニアに移したのに、そんなにルーマニアらしさは感じられない(ルーマニアらしさが何なのか私には分からないけど)。人々の脅威となる筈の生化学兵器もなんかダサい緑の液体。メロンソーダなんじゃないの?的。相手役もスレンダーな美女だけど、本当はウエスナとは嫌なんだろうなーと思えたし、胸の一つも出さないし、吹っ切れた感が無くて残念。B級アクションなんだから、一つ位出せばいいのに。二つあるんだから。綺麗なだけのお姉さんは嫌。綺麗で吹っ切れたお姉さんが好き。

面白い所があるとすれば、ウエスナのボヤキかなー。ちょいちょいナレーションでボヤくんだよね。後は、ウエスナが「To Wong Foo Thanks for Everything, Julie Newmar / 3人のエンジェル (1995)」を思い出したのか、一瞬オネエ系になる。でも物凄くやる気ないからすぐにバレちゃうんだけど...

この映画はアメリカではビデオスルーだけど、なぜか日本では「スナイプス大運動会」と銘打った大会で劇場公開された作品。運動会では活躍出来なかったタイプなので、行きませんでしたけど...ふふふ。短距離は普通か遅いチームで1位でした。早いチームだとビリでしたもん。リレーには出た事ないもん。「スナイプス大宴会」なら行ったけど。

どうしてもウエスナのウエスナらしい映画が見たいんだよ!って時にはおススメ。確かに私はあの時ウエスナらしいウエスナを見たかった。でもやっぱりもう一つ上のウエスナが見たかったかもねー。ウエスナは本当はいい役者なんだよね。「Brooklyn's Finest / クロッシング (2009)」はさすがだと思いましたもの。こういうのじゃなくて、もっといい映画で見たいわ。

感想やあらすじはこちら

(3点/5点満点中:DVDにてメロンジュース飲みながら鑑賞)