SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Other Guys / 日本未公開 (2010)

Cast >> Mark Wahlberg (Detective Terry Hoitz), Will Ferrell (Detective Allen Gamble), Samuel L. Jackson (Highsmith), Dwayne Johnson (Danson), Eva Mendes (Sheila Gamble), Michael Keaton (Captain Gene Mauch), Ray Stevenson (Wesley), Damon Wayans Jr. (Fosse) ...
Director >> Adam McKay
Writer >> Adam McKay, Chris Henchy
Producer >> Patrick Crowley, Will Ferrell, Jimmy Miller
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

Will Ferrell (Whoomp), there it is.!
NYの町で刑事のハイスミスサミュエル・L・ジャクソン)とダンソン(ドゥエイン・ジョンソン)は、いつものように派手に犯人を追い詰め逮捕した。町が破壊されても、彼らはNYの人気者でヒーローだった。その2人と同じ部署に所属しているのが、アレン・ギャンブル(ウィル・フェレル)とテリー・ホイツ(マーク・ウォールバーグ)だった。2人は水と油で、前線で活躍しようとせず、デスクワークばかりを好んで行う冴えないアレンに、テリーはいつもイライラしていた。そんな2人の前に事件が舞い込んできて...

デコボココンビの刑事コメディはやりつくされた感がある。水と油で合わないながらも、最後には力を合わせて事件を解決していくドタバタコメディ。もう何度も観てきた。この映画もデコボココンビがただドタバタと事件を解決していくという、典型的なパターン。しかし、なぜか「やりつくされた感」を全く感じない。そこにはしつこい位の昔からのジョークが続いたり、ただドタバタしているだけなのに、なぜか新鮮さを感じて、最初から最後までずっと笑ってしまう。

新しさをあえて追求しなかったのかもしれない。逆にこの映画はウィル・フェレルらしさが断固として存在している。そこを追求したからこそ新鮮だったのかもしれない。これが彼のベストではないが、それに近いところに存在している。

(10/03/10:劇場にて鑑賞)