SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The List / 日本未公開 (2007)

Cast >> Wayne Brady (Lewis), Sydney Tamiia Poitier (Cecile), Flex Alexander (Chet), Matthew Glave (Phillip), Tatyana Ali (Cynthia), Illeana Douglas (Donna), Erica Gimpel (Gail), Malcolm-Jamal Warner (Randy) ...
Director >> Brandon Sonnier
Writer >> Marcus Folmar
Producer >> Diane Nabatoff, Duncan Napier-Bell, Jack O'Halloran, Alexander G. Ross
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Realistic vs Romantic comedy
ルイス(ウェイン・ブラディ)はロサンジェルスで良い仕事と恋人に恵まれたパーフェクトな男で、正に今テレビで恋人にプロポーズする所だった。しかしあっけなくプロポーズを断られた。傷ついたルイスは仕事に打ち込もうとするが大事な依頼主から愛が足りないと言われる始末。ルイスは恋人に振られた原因でもある、リスト作りをまた始める。今度はパーフェクトな恋人を見つける為の女性への条件をリストアップしていくのだった。そんな時に会社のエレベーターでセシールシドニー・タミア・ポワチエ)に会うが...

ロマンチックコメディほど安心して見れる映画は無い。大抵の結末が分かってるからだ。それ故に現実離れしてしまう事が多い。まず、ウェイン・ブラディ演じる男が世界一ハンサムという設定がかなり厳しい。ブラディは才能あるエンタテイナーではあるが、世界一ハンサムとなると頷けない。ハンサムと言えば、やはりこの映画の相手役の実際のパパであるシドニー・ポワチエの若い頃なら納得出来る。でもブラディは自身の才能を魅力に変えて、かなり魅力的な男をこの映画では演じている。このルイスという男がかなり良い奴なのだ。それとは対照的に天真爛漫に相手役を演じているのがシドニー・タミア・ポワチエ。生まれ持った魅力を十分に出し切っている。ハッピーエンドのヒロインにはピッタリ。イリアナ・ダグラスやフレックス・アレクサンダーの脇役もかなり魅力的に映画に華を添えている。

ロマンチックコメディに求める、現実的な部分とそれとは全く違う空想的で非現実的なロマンチックな部分が上手くあって、何か気分が良くて明るくなれる作品。

(8/12/10:DVDにて鑑賞)