SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

サミュエル・L・ジャクソンとローレンス・フィッシュバーン見分け方

とかく間違えられてしまう二人。最近話題になったhttp://sokkuri.net/でも、私が見た時は2人のそっくり度は100%だった。アメリカでも同じで、町などで見つかった時、相手がサミュエル・L・ジャクソンに向かって「ローレンス・フィッシュバーンですよね?サインください」と聞かれた時や、ローレンス・フィッシュバーンの出演作のタイトルで「出てましたよね?サイン下さい」といわれると、サムは「ローレンス・フィッシュバーン」とサインをするそうだ。ローレンス・フィッシュバーンも同じようにサム・ジャクソンと間違えられると「サミュエル・L・ジャクソン」とサインするそう。ラッキーなのか...その方が変わっていて値打ちがありそう。
しかし、私からしてみたらサミュエル・L・ジャクソンローレンス・フィッシュバーンは全然違う!!年齢も違うんですよ。13歳も違う。ローレンス・フィッシュバーンはあと1週間ほどで49歳。サム・ジャクソンは12月で62歳。ね、違うでしょ。確かにローレンス・フィッシュバーンが昔から老けすぎていて、サム・ジャクソンが若すぎるというのもある。
ローレンス・フィッシュバーンは子役から活躍していて、サム・ジャクソンは長年の下積みを経てから開花したタイプ。と、そこも違う。

ここで問題になるのが、もし...万が一ですよ... みなさんがアメリカにでも出かけた時に、運良くサム・ジャクソンかローレンス・フィッシュバーンに出会ったとします、でも名前がどっちだったか忘れた場合!どうします??普通の人はそんなに覚えられないですよね。そんな時は「School Daze / スクール・デイズ (1988)に出てましたよね?」と声をかけてください。この映画で2人は共演してます。ライバル同士だけど。

上の映像でも分かる通り全然違うのよね。「マザーファ○○ー」を沢山言う方がサム。ちゃんとした英語話す方がフィッシュ。
この映画はそんな2人の違いを「クラスや地域や学歴や皮膚の色」という事で生かした作品でしたね。黒人を敢えて大胆に二分させて対立させたんですよね。

私もいずれかどちらかとお会いできる日が来るかしら??