SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Cleaner / ザ・クリーナー 消された殺人 (2007) 833本目

サミュエル・L・ジャクソンが出演のクライム映画です。日本では劇場公開されたみたいですが、アメリカでは劇場公開もなく、アワード系でプレミアされた訳でもなく、所謂ビデオスルーとなった作品。となれば、どう考えても2流。でもサミュエル・L・ジャクソンエド・ハリスが居る事でどうにか威厳を保ってる作品ですね。監督はあのレニー・ハーリンサミュエル・L・ジャクソンをサメに食べさせたり、「The Long Kiss Goodnight / ロング・キス・グッドナイト (1996)」では自分の嫁さんを主演に映画を作り、やりにくいのにサムと共演させて興行的に大コケさせたりと、サムに無理させる事が大好きな監督。今回はサムに元警官で、今は事件・事故で亡くなった人々の後始末の掃除人をやらせております。過去に色々とあった男。今回はあんまり無理させてない。でもサムが珍しくとーーーーっても神経質な役を演じている。しかも、いつものように大声で悪態つくのも無し。なので、サムとして随分と鬱憤が溜まった事でしょう。サムの娘を演じるのがキキ・パーマー。良い!ものすごく難しい役を見事に演じてましたね。それに引き換えエヴァ・メンデス。ものすごく綺麗だけど、この映画ではダメでしたねー。なんでああいう結末になったのか、分からないわ。彼女の演技では。というか、綺麗過ぎちゃったせいで設定に無理があり過ぎ。あの人とあの人はあり得ないでしょー。絶対に無い、無い!

映画の筋としては穴だらけにも見えるが、なんとなく見れてしまう映画ではある。物語的に、結構血だらけな映画ではあるけど、そんなグロくもない。人間関係の方がドロドロでグチャグチャ。ちなみに一瞬映る、サムの奥様役は実際の奥さんであるラタンヤとの写真だった!微笑ましく思いました。

感想やあらすじ等はこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)