SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Mystery Team / 日本未公開 (2009)

Cast >> Donald Glover (Jason), D.C. Pierson (Duncan), Dominic Dierkes (Charlie), Aubrey Plaza (Kelly), Matt Walsh (Jim) ...
Director >> Dan Eckman
Writer >> Donald Glover (story), DC Pierson, Dominic Dierkes
Producer >> Meggie McFadden
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

This is Big Charming Mystery...
ジェイソン(ドナルド・グローバー)は親友のダンカン(DC・ピアーソン)とチャーリー(ドミニ−ク・ディアクス)と共に「ミステリー・チーム」を結成して近所の未解決ミステリーである「キンメル夫人のパイを盗んだ男」や「マックギンティの親父」等を無理矢理解決していた18歳で童貞の3人組だった。ところがある日ジェイソンは、両親が殺された女の子に両親を殺した犯人を捜して欲しいと依頼されて...

今流行りのくだらないジョークを埋め込んだティーンコメディとは違った、不思議な魅力の映画である。実は、そんなくだらないジョークが満載の映画なんじゃないかと高を括っていた。主役の「ミステリー・チーム」を演じこの映画を制作した核となる3人は、ニューヨーク大学で出会った。実際にはこの映画の監督と制作者の女性を加えた5人組。一人だけ黒人であるドナルド・グローバーがその中でも魅力を放っているように思えた。18歳の体の中に小学4年生の心と知識。その中でドナルド・グローバー演じるジェイソンが様々なキャラクターに本気で変身していく姿が面白い。同じくオタクなダンカンやチャーリーも同じように小4で成長が止まっているが、彼等が突如変化するのも笑ってしまう。でもジェイソンだけは変わらない。でもそれでも少しだけ成長する彼等の姿に胸がキュンとしてしまう。

なぜか主人公達に惹かれていく。なぜか笑ってしまう。「ミステリー・チーム」の不思議な魅力こそが最大のこの映画のミステリーである。

(6/16/10:DVDにて鑑賞)