SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Horrible Bosses / モンスター上司 (2011)

Cast >> Jason Bateman (Nick Hendricks), Jennifer Aniston (Dr. Julia Harris), Charlie Day (Dale Arbus), Jason Sudeikis (Kurt Buckman), Colin Farrell (Bobby Pellitt), Jamie Foxx (Motherfucker Jones), Kevin Spacey (Dave Harken) ...
Director >> Seth Gordon
Writer >> Michael Markowitz, John Francis Daley, Jonathan M. Goldstein (screenplay)
Producer >> Brett Ratner, Jay Stern
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Everybody Hates their Bosses!!
ニック(ジェイソン・ベイトマン)とデール(チャーリー・デイ)とカート(ジェイソン・サダイキス)の3人はそれぞれのムカつく上司に悩まされていた。ニックは昇進を餌にハーケン(ケビン・スペイシー)にこき使われ、大好きなお婆ちゃんのお葬式にも行けなかった。歯科助士のデールは過去のせいで歯医者のハリス(ジェニファー・アニストン)にセクハラを受けていた。カートは跡を継いだバカ息子(コリン・ファレル)に翻弄されていた。3人は悩んだ挙句にゲトーに出向き、マザーファッカー・ジョーンズ(ジェイミー・フォックス)に3人の殺人を依頼するが、ジョーンズは殺人の手引きを3人に教えたのみだった。3人はジョーンズの言葉をヒントに上司を殺そうとするが...

上司なんて嫌いだ。上司が好きだという人は少ないと思う。会社という組織に所属すると、上司は目の上のたんこぶ。居ない方が楽。だからと言ってこの映画の主人公のように殺したいとまでは思わないが、今日は居ないといいなーとは毎日思う。この主人公の3人が経験する上司からの残酷な仕打ちは、少なからず観客も経験している事が多いとは思う。だから3人に同情してしまう。上司に仕返ししている時には何気に「やれ!もっとやれ!」と思ってしまう。
この映画ではケビン・スペイシーが輝いている。史上最低の上司だが、最高の悪役である。ジェイソン・ベイトマンに意地悪している時には輝いている。色々と。ジェニファー・アニストンも「フレンズ」以来の当たり役。逆にジェイミー・フォックスは役名ぽくもっともっとクレイジーでも良かった。

みんな上司なんて大嫌い!そう感じる人はこの映画を見るとスッキリすると思う。そんなムカつく上司にはこの映画のチケットをプレゼントして、貴方のメッセージを送ってもいいかもしれない。その後は保障しないけど。

(7/15/11:劇場にて鑑賞)