SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

映画祭シーズンとスティーブ・マックイーン監督作「Shame」

トロント映画祭にテルライド映画祭にヴェニス映画祭...と様々な映画祭がスタートを切っている。トロント映画祭は9/8から18日まで。テルライド映画祭は9/2から5までコロラド州で行われた。ヴェネチア映画祭は9/10に大賞が発表された。
その3つの映画祭に出展しているのが、イギリスのスティーブ・マックイーン監督の「Shame / SHAME -シェイム- (2012)」だ。ヴェネチア映画祭では主演のミヒャエル・ファスベンダーが男優賞に選ばれた。

Venice 2011: 'Faust,' Michael Fassbender Win Top Festival Prizes | Hollywood Reporter

そしてトロント映画祭にて、「Shame」の配給権利がフォックス・サーチライトに$400,000で買い取られた。広告には$1.5ミリオンが約束されている。先に公開されたテルライド映画祭やヴェネチア映画祭での評判の良さを聞きつけ、早速買い取ったようだ。

Toronto 2011: Michael Fassbender's 'Shame' Sells to Fox Searchlight | Hollywood Reporter
Toronto: Where Are The Film Deals?

テルライド映画祭は余り知られていないかもしれないが、近年この映画祭で上映した作品がオスカーを受賞するという現象が起きている。去年の「英国王のスピーチ」や「スラムドッグ$ミリオネア」等がそうだった。今回のこのスティーブ・マックイーンの「Shame」もワールドプレミアではなかったが、アメリカでは初となる上映を行ったのがテルライド映画祭。

こちらが「Shame」の写真やファスベンダーのインタビュー映像など。

こちらがハリウッド・リポーター誌の「Shame」分析。

また開催中のトロント映画祭では、ジェニファー・ハドソンネルソン・マンデラの元妻であるウィニーを演じた「Winnie Mandela / 日本未公開 (2013)」がワールドプレミアされる。そして同じトロント映画祭でプレミアされた50セントの制作会社が制作し主役を演じる為に30キロの減量で話題となった「Things Fall Apart / 日本未公開 (2011)」がイメージエンターテイメントが権利を獲得した。

Toronto 2011: 50 Cent's 'All Things Fall Apart' Acquired by Image Entertainment (Exclusive) | Hollywood Reporter