SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Touki Bouki / トゥキ・ブゥキ / ハイエナの旅 (1973)

Cast >> Magaye Niang (Mory), Mareme Niang (Anta), Aminata Fall (Aunt Oumy), Ousseynou Diop (Charlie) ...
Director >> Djibril Diop Mambety
Writer >> Djibril Diop Mambety
Producer >> Djibril Diop Mambety
Genre >> Drama
Country >> Senegal

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Revolutionary image and everybody's story
セネガルダカールにあるスラムに住んでいる青年のモリ(マガイェ・ニアン)は、牛の角をつけたバイクに乗り、恋人のアンタ(マレーナ・ニアン)と国を出てパリへ向かう夢を描く。その為にお金を手に入れようとするが...

セネガルジブリル・ジオップ・マンベティ監督によるアフリカで初と言われている前衛的な作品。冒頭の食肉解体処理所の映像などは、ネオリアリズムを思わせる作品でありながら、全般的に主人公達の白昼夢をもとにファンタジーな世界が広がる、一筋縄ではいかない作品だ。ストーリーを重んじるアフリカ映画とは別の世界に属している。果敢なメッセージを詰め込んでいる訳でもないが、その前衛的な映像と音楽や効果音を駆使して、何ともいえない不思議なパワーを呼び起こす。美しい映像で広がるセネガルの大地と人々、それでいてまだ見ぬパリに心を奪われる若者の姿が、植民地だったという過去とその時代の文明革命が交差している。ファンタジーな世界がスクリーンを覆う時に、ジョセフィン・ベーカーが優しく歌うシャンソン「Paris, Paris」が効果的に使われる。しかもサビの部分だけを使うのが新しい。都会に憧れを抱き白昼夢に浸る部分や反社会的な部分は、国や人種を問わず共感出来る部分がある。「地球の楽園、パリ」に魅せられた青年も、やはり命あったものの形見である角を崇拝している所などは、やはりアフリカらしさを感じる。

アフリカの映像革命だ。貴方が持つアフリカへのイメージを一掃してしまうだろう。現実と空想が渦巻く映像の中で、セネガルの過去と未来も渦巻いている。これもまたアフリカ映画であり、万人のストーリーである。


(4/7/10:DVDにて鑑賞)