SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Restless City / 日本未公開 (2010)

Cast >> Alassane Sy (Djibril), Sky Nicole Grey (Trini), Danai Gurira (Sisi), Mohamed Dione (Pesher), Anthony Okungbowa (Bekay), Osas Ighodaro (Adinike) ...
Director >> Andrew Dosunmu
Writer >> Eugene M. Gussenhoven
Producer >> Katie Mustard, Matthew Parker
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 5

"The Only path I know is music"
ジブリル(Alassane Sy)はセネガルダカールから移民としてニューヨークにやってきた21歳の若者。露天で違法CD売りをし、他のアフリカからの移民の男達と一緒に狭いハーレムのアパートで大勢で暮らしミュージシャンになる事を夢みている。NYに来て4年が経つが未だに彼女も居ないし、ミュージシャンとしても芽が出なかった。そんなある日、違法CDを卸しているハスラーのビーケー(Anthony Okungbowa)の女の一人であるトリニ(スカイ・ニコール・グレイ)と出会う。2人は恋に落ちるが、ビーケーから離れようとするトリニ、そしてデモ制作の為にビーケーからお金を借りてしまったジブリルはトラブルに巻き込まれていく…

ニューヨークのハーレムを舞台にしたアフリカからの移民たちの物語。ビーケーを演じた俳優は「たまたまアフリカからの移民としただけで、どこの国の人が移民としてやってきても同じじゃないかな」って答えていた。確かに似たことはあると思う。この映画でも国は違うかもしれないけれど、アフリカ人同士が固まっている。主人公はセネガル出身の設定だが、監督はナイジェリア出身。冒頭の言葉もナイジェリアの子供向け作家の言葉だし、音楽もナイジェリアが多い。アメリカが舞台なのに、アメリカ人はこの物語に絡んでこない。雇用する側もアフリカ人。助ける人もアフリカ人。彼女だってアフリカ人。男が集まってやるのはサッカー。アメリカ人だったらバスケットかフットボールだろう。だから余計にこの物語の主人公達が人種のサラダボールと言われているNYで、どれだけ孤独か分かる。彼らがやってきた理由は成功するという事だけ。アメリカの文化とか様式なんてどうだっていいのだ。
そして今までも同じような映画があったけれど、確実に違うのがオシャレという事。主人公の服装やらセットデザインもオシャレ。その監督のオシャレ感覚にピッタリとあったのが、撮影技師ブラッドフォード・ヤングのカメラ。とても美しい。

淡々と起承転結もなく進んでいくストーリー。たった最後の10分間だけが、ストーリーテラーとなる。しかし監督アンドリュー・ドスンムのオシャレ感と、ブラッドフォード・ヤングのカメラは今までに見たことないような美しいハーレムと寂しいニューヨークを表現している。

(1/4/13:DVDにて鑑賞)