SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Ghost Dad / ゴースト・パパ (1990) 1095本目

ビル・コズビーが主演でシドニー・ポワチエが監督。といえば、黒人の人々は70年代の彼等の3部作を思い出す。「Uptown Saturday Night / 日本未公開 (1974)」と「Let's Do It Again / 一発大逆転 (1975)」と「A Piece of the Action / ピース・オブ・アクション (1977)」ね。ウィル・スミスがデンゼル・ワシントンとリメイク映画を作りたがっているのが、唯一日本未公開の「Uptown Saturday Night」。ウィルが作りたがる程に、人気よ。いや、本当に面白いよ、この3部作。当時のそれこそウィル・スミスとデンゼル・ワシントン級の人気黒人俳優達が勢ぞろいで作った作品。というか、そういう事が出来ちゃう位に、あの当時の俳優達はお互いのエゴが無かったんだろうなー、仲良いワーと思わせるのが、その3部作でしたね。しかも、アメリカのTVを代表するようなTVシリーズ「ザ・コズビー・ショー」を成功させている渦中に居たビル・コズビーが主役の久々の映画作品。しかも前作「Leonard Part 6 / ビル・コスビーのそれ行けレオナルド (1987)」がコケテいるので、今回は大丈夫!シドニー・ポワチエを監督に起用するからーという大人の事情が見え隠れする作品が、今回の作品であります。

タイトルのゴースト・パパ(幽霊父さん)を演じるのがビル・コズビー。ゴーストってくらいだから、パパは死んじゃうんだろうなーとはタイトルですぐ分かる。でも冒頭から、そろそろ死にそうかなーなんて思っていると、かなりスカシをかましてくる。そこは面白かった!エレベーターの所とか、ポワチエの煽り演出が上手い。で、ここで死んじゃうんだーと思ったら、そこでも中々死なない。肝心な死んじゃう所は、あ、死んじゃってたんだって、後から分かる。コメディだから、「死」の部分は悲しまないようにあっさり演出。でもね、さすがに子供たちがパパの死をあっさり受け止めているのは、変だよねー。息子なんて、ゴースト・パパを思いっきり利用してますからねー。さすがにお父さん好きでも、私はゴーストで出てきたらちょっと引くわ。ごめんね、お父さん...

「ザ・コズビー・ショー」では誰もが憧れる父クリフ・ハクスタブルを演じたビル・コズビー。お医者さん(産婦人科)でお金持ち、子供たちとの接し方も抜群で余裕がある。でも今回は、結構いい企業に働いているのに、昇進しないと健康保険もない状態。結構、キツキツ。ハクスタブルなら絶対に忘れていなかっただろうなって思うが、娘の誕生日すら忘れちゃう今回のパパ。まあ「ザ・コズビー・ショー」の完璧なパパとは違い、割りと一般的なパパを等身大で演じている。ゴーストだけど。

とは言え、この作品は大成功!とはいかず、これを最後にポワチエは監督していない程ですわ。音楽もジャネット・ジャクソンとか当時ぽいんだけど、映画には全く合ってませんでしたね。16歳の長女を含め、今見ると何か超ダサい。同じ90年の映画「House Party / ハウス・パーティ (1990)」なんか見ると、うわーダサい!とは思わないもんね。「こうだったわ!」っていう懐かしさの方が思い出させるもの。時代を上手く反映させたからこそ、「ハウス・パーティ」とかは今の時代でも生き残ってるんだろうね。

ビル・コズビーはなんでテレビであんなに成功したのに、映画では成功出来なかったんだろう?テレビで成功した後はイメージが固定されやすいからかな?

ちなみに、この映画と同時期に映画撮影をしていたのが「Harlem Nights / ハーレム・ナイト (1989)」。なんと、この映画のシドニー・ポワチエとビル・コズビー、そして「ハーレム・ナイト」のエディ・マーフィリチャード・プライヤーとレッド・フォックスがそれぞれチームとなって、当時ソフトボール対決しております!!映画成績では負けたこの作品ですが、ソフトボール対決では、30対18で見事勝利!

感想やあらすじはこちら

(3点/5点満点中:3/7/13:DVDにて鑑賞)