SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Wanda Sykes: I'ma Be Me / 日本未公開 (2009) 693本目

ワンダ・サイクス好きなんですよー。私的には今現役スタンダップコメディアンヌの中では一番面白いんじゃないかと断言できる。今年オスカーの助演を取ったモニークも現役でスタンダップコメディをしているけれど、演技じゃなくて面白さだったらこのワンダ・サイクスの方が断然に上。2人共に現在自分の冠の夜のトークショーの司会ですね。ただワンダ・サイクスは演技はそんなに上手くない。でもスタンダップコメディの舞台の上だとものすごく自然。というか、やっぱり女性だと下ネタだと不利じゃないですか??私自身この前、ヴィング・ライムスの事を○○俳優と書いたんですが、やっぱり何となくストレートには欠けず、逃れようとしちゃうんです。女が下ネタ書くとグロテスクじゃないですか?絶対に引かれるし、下品だとか低脳だとか絶対に思われるし。そのまま書いた方が面白いのに。いちようこれでも母なのです。そんな事で不良にさせるのは悲しいですし。女性は不利なんです。でもワンダ・サイクスはそんな下ネタでも自然に笑わせてくれちゃいます。となると、甘い下ネタなんじゃないか?なんて思われるかもしれないけど、結構過激。尿漏れトラブルなんていうものから、バイアグラ、性そのものまで。でも会場の笑い声を聞いてると、女性も男性も同じ位彼女の下ネタに笑ってます。

ワンダ・サイクスはクリス・ロック一派の人で、元々クリス・ロックのHBO番組「クリス・ロック・ショー」から人気の出たコメディアンヌ。才女でハンプトン大学を卒業後に国家安全保障局なんていう国家の堅苦しい仕事を5年間もしていた。でもその仕事に飽き飽きしたサイクスはスタンダップコメディの道に進んで、多くのスターを輩出している(セドリック・ジ・エンターテイナーとかもそうだったと思う)クアーズ主催のタレントショーで優勝。コメディクラブ時代にクリス・ロック一派と仲良くなり、「クリス・ロック・ショー」でライターやレギュラーとして活躍。この番組では唯一の女性レギュラーという事もあって、コントなどでの活躍の場も多かった。そしてロック一派で作った「Pootie Tang / プーティ・タン (2001)」でも個性的なビギー・ショーティを演じていた。その後に他の番組等にも呼ばれるようになって、今は大活躍。自身の冠トークショーまで持つ程に。プライベートでは2008年頃に同性愛者である事を発表して、様々な活動も活発的にしている。

という事で、同性愛者である事を発表してから初めてのテレビスペシャル。その発言が楽しみでもありました。その活動も盛んにしているようなので、そっち寄りだけの語りじゃ、つまらないなと思っていたのですが、そんな事無かった。自分が体験してきている事で不思議に思っている事を率直にネタにしてますね。発表した事で様々なゲイ集会にも呼ばれるようになって、その時の出来事とかかなり面白く語っている。自虐的でもないし、押し付けにも感じない、最高のバランスでそれらの事を語ってくれてます。

そして冒頭から30分もネタにしたのがバラク・オバマ大統領について。大統領選中だったか、大統領になってからだったか... 大統領からの公式な招待を受けてショーをしたワンダ・サイクスは、その時の発言で論争を呼んだのだけど、それもネタにしていた。しかもご当地ネタで、つかみはオッケーという感じでした。それで最後にはさらりとブッシュを痛烈に批判。

ネタも豊富で未だにアメリカ人が使えないメートル法についてもチクり。クリス・ロックの「Good Hair / グッド・ヘアー 〜アフロはどこに消えた?〜 (2009)」を受けてか、髪の毛についても話してました。でも最近ワンダはクリス・ロックとは絡んでくれないですよねー。残念。でも、プーティ・タン事ランス・クロウサーは製作者としてこのプロジェクトに参加。クロウサーはクリス・ロックの「Good Hair / グッド・ヘアー 〜アフロはどこに消えた?〜 (2009)」や「Everybody Hates Chris」にも参加しているので、プーティ・タンが未だにクリス・ロック一派をひとつに束ねているみたいですね。あの親父のベルトを使ってかな...

ワンダはブレてないです。いつ観ても最高のステージですね。

感想やオフィシャルサイトなどはこちら

(5点満点:DVDにてスイカとポパイチキンを食べオバマ○○と叫びながら鑑賞)